村井良大(撮影:石阪大輔 スタイリスト:吉田ナオキ ヘアメイク:森香織) 村井良大(撮影:石阪大輔 スタイリスト:吉田ナオキ ヘアメイク:森香織)

辻仁成が自身の小説を原作に、6人の男性キャストと作り上げる舞台『99才まで生きたあかんぼう』が来年2月から上演される。出演する村井良大に話を訊いた。

チケット情報はこちら

舞台、映画、朗読劇とジャンルを超えてこれまでに4度、辻の作品に出演している村井。2014年の映画『醒めながら見る夢』の時には、監督を務めた辻は村井について「演技のために生まれてきた人」と語っている。今回も辻が村井の“引き出しの多さ”“柔軟性”を信頼しオファーがあったそう。村井はそれを聞いて、「頼りにされてるのかな……って思うと、嬉しいですよね」と照れたように笑う。「辻さんは、すごく頭が良く、人生経験も豊か。その人の良いところを見つけるのが上手で、全面的に肯定してくれる方です。でも小説のような繊細さも、ミュージシャンらしいロックな部分もあり。面白いです」。

とはいえ、舞台で演出家と出演者としてガッチリとタッグを組むのは7年ぶり。その間、村井もアクション多用の大舞台から海外ミュージカルの主演まで、数々の経験を積んでいる。村井は「僕の成長を示せたら、と思います。色々な思い、気概を持って挑まないと、辻さんも納得していただけないと思いますし」と決意を語った。

そして今回上演される『99才まで生きたあかんぼう』は2003年に辻が発表した小説が原作。ひとりの男が生まれてから死ぬまでを、優しい筆致で描いた物語だ。読んだ印象を村井は「ピュア」と表現する。「男の子っぽい話だなと思いました。カッコつけたかったり、でもカッコ悪かったり。そういう、男が思うキラキラとドロドロを持っている物語。主人公は“ちょっとだけ他の人よりも努力する”んです。無理をさせず、ちょっと頑張れば手が届きそうだし、人間味があるところが素敵。さらに、その頑張りを見ている人がいるんだよ……というメッセージもある。読む人を、綺麗な心にしてくれます。辻さん自身、ピュアなんですよ。それがこの本に投影されているんだなと思いましたし、だから僕も純粋な気持ちで舞台に立ちたい。舞台って、やっぱりその人の人間性が透けて見えるんですよ。そこは大事にしなきゃって思います」。

原作は、主人公の名前すら登場せず、不思議な第三者の目線で描かれていく。一体どんな舞台が生まれるのか気になるところだが……。「まだ未知数ですが、独創性のある舞台になるんじゃないかな。僕は0才から99才まで演じることになるんだと思います。年を経ていく役をやったことがないので、そこが楽しみです。自分は0才から29才までは経験していますが、そこから先はまだ知らない。ただ、年齢って数字ではないとも思います。テーマは“人間はいつまでたってもあかんぼう”というところにあると思いますし、色々な年代の方に響く作品になるはずです」。

共演は松田凌、玉城裕規、馬場良馬、松島庄汰、松田賢二。公演は2月22日(木)から3月4日(日)まで、東京・よみうり大手町ホールにて上演される。その後愛知・福岡・大阪公演もあり。チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます