© & ™ Lucasfilm Ltd.

映画STAR WARS(スター・ウォーズ)をみて、「BB-8やR2-D2が欲しい...。」

そう感じたことはないでしょうか。

いつか欲しいと感じていた、STAR WARSの動く・喋る・部屋に飾ってもかわいいSpheroドロイドをご紹介いたします。

Spheroドロイドってなに?

© & ™ Lucasfilm Ltd.

Sphero(スフィロ)は2010年に設立され、ラジコンの様な感覚でスマホで操作できるアクショントイ作っているメーカーです。

2015年にディズニーアクセラレータープログラムに招待され、プロジェクトRayveをスタートしました。

スマホでかんたんに操作できる球面ロボット(以下:ドロイド表記)BB-8を立ち上げて販売すると、初日で完売。

現在STAR WARSドロイドシリーズでは、BB-8の他にR2-D2・BB-9E・R2-Q5が店舗で入手することができます。

ご家族やSTAR WARS好きな人へのXmasプレゼントとしてもおすすめ!

同一機種が同時にいても接続できるので、友人と一緒に遊ぶのも楽しい。 © & ™ Lucasfilm Ltd.

走行して、音声がなり、一緒に旅したりSTAR WARS作品を見たりできるドロイドは、ご自身で興味がある方だけでなく同一機種が複数台あっても楽しむ事ができます。

同一機種をご家族やSTAR WARS好きな人と繋いで操作する事で、それぞれの楽しみ方が広がりますのでXmasプレゼントしても喜ばれるアイテムです。

BB-8やR2-D2が動いて喋る!

Sphero STAR WARS ドロイドは写真よりも実際に動いている瞬間や音声を聞いていただくとわかりやすいので、まずは動画をご覧ください。

Sphero STAR WARS ドロイドの魅力は3つ

Sphero STAR WARS ドロイドを実際に操作して感じる魅力は3つあります。

動く

© & ™ Lucasfilm Ltd.

スマホアプリでかんたんに操作して、自分の思い通りにBB-8・R2-D2・BB-9Eをコントロールする感覚は一度触るとかなり愛着がわきます。

設定で動くスピードも調整可能で、5~10分で自在にコントロールできるのが特徴の1つです。

喋る

Driveモードが主に使うコントールになる。 © & ™ Lucasfilm Ltd.

スマホアプリのDriveモードでは、9つの音声とアクションがボタンを押すことで実行されます。

映画で見たあのアクションと音声も再現されていて、ボタンを押すだけでも楽しめますし、動きと組み合わせて音声を実行すると実際にドロイドが生きている様ですごく愛着が出るかもしれません。

飾って・一緒に持ち歩いて楽しむ

© & ™ Lucasfilm Ltd.

Sphero STAR WARSシリーズは精巧にできていて、部屋に飾るだけでも楽しむことができます。

BB-8やBB-9Eはハンディサイズと小柄なことから、外に持ち出して見ましょう。

一緒に撮影したり遊びに行くことで、個人個人の思い出もさらに楽しむ事が出来るのです。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます