『エルム街の悪夢』フレディ&『ロード・オブ・ザ・リング』サムが来日!

2013.5.8 15:14配信
(左から)ロバート・イングランド、ショーン・アスティン

ハリウッド関連商品の製造輸入販売を行うスタイルオンビデオが主催するファン交流イベント「第2回ハリウッドコレクターズコンベンション」(入場無料)が5日、6日の両日、都内で開催され、2日間で約1500人が来場した。

昨年11月に開催された第1回では『バック・トゥ・ザ・フューチャー』3部作で“ドク”ことエメット・ブラウン博士を演じた米俳優クリストファー・ロイドが22年ぶりに来日し、映画ファンの話題をさらったが、今回は『グーニーズ』『ロード・オブ・ザ・リング』で知られる人気俳優のショーン・アスティンと、『エルム街の悪夢』シリーズでフレディを演じたロバート・イングランドが揃って駆けつけ、サイン&写真撮影会(有料)を行った。

5日には急きょ、ふたりによるトークイベントも開催され、駆けつけたファンは大喜び。『エルム街の悪夢』はあの大スター、ジョニー・デップの映画デビュー作としても知られており、「当時メイク室にいると、ジョニーが入ってきたんだ。まだ彼は駆け出しだったけど、若くて端正な顔つきを見て、明るい未来が待っていると直感したね。一方、僕はといえば顔じゅう(特殊メイクの)接着剤やワセリンだらけ。嫉妬もしたけど、その気持ちがフレディを演じる上で役に立ったよ」(イングランド)。アスティンも『グーニーズ』の製作総指揮を務めたスティーブン・スピルバーグとの思い出話を披露していた。

グッズ販売はもちろんのこと、人気俳優とのダイレクトな交流が楽しめるコンベンションは、本場アメリカなど欧米では今や定番といえるファンイベント。主催者によると「前回以上に、スターとファン、それにディーラーの皆さんが一体となってイベントを盛り上げてくださった」と手応えは十分。期間中はTwitterなどにイベントを楽しんだ来場者の声も多く寄せられ、次回開催への期待も高まっているという。

取材・文:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング