職人が手作業で仕上げる、高品質なディズニーデザインの革小物「ファンタスティック・レザー・コレクション」。

中でも発売以来変わらぬ人気を誇る「ステンドグラスコレクション」から、待望の新作が発売します! 

スポットを当てたのは、映画『おしゃれキャット』のディズニーマリー。

ブランド直営店「スーベニア・フロム・ジュリエッタ」の販売員だった筆者が、コレクション史上最もガーリーな新作を描き上げたデザイナーに、直接お話を聞きました。

元販売員が「ステンドグラスコレクション」をお客様に勧めていたポイント3つ

1.デザイナーが何か月もかけて描き下ろし! 渾身の完全オリジナルデザイン

見れば見るほどうっとりしてしまう、美しいステンドグラスデザインは、全てデザイナーがこのコレクションのために描き下ろしたもの。

隣り合う色が同じ色にならないように配慮されていたり、各アイテムごとに隅々まで絵柄がぴったりと収まるよう、計算しつくされています。

 

2.ファンならニヤッとする、レアキャラが隠れている

新作「ステンドグラスコレクション3」も、キャラクターやシルエット、モチーフがちりばめられている

ステンドグラスコレクションのデザインの中には、他メーカーのグッズではなかなか描かれないレアなキャラクターの姿も。

例えば、「ステンドグラスコレクション2」の『ダンボ』のデザインには、主人公ダンボだけでなく、お母さんのジャンボの姿も描かれているなど、コアなディズニーファンほどグッとくるデザインなのです。

2014年12月に発売された、初代ステンドグラスコレクションのデザイナーは、「ディズニーが特に好きな人に贈るコレクション」として描き上げたそうですよ。

 

3.鮮やかプリントがずっと続く、メイドインジャパンの品質の良さ

私が販売員時代にお客様に一番聞かれた質問が、「プリントは剥げないんですか?」というもの。

ズバリ言いましょう。

普通に使っていれば 剥 げ ま せ ん ! 

革の表面に色を塗っているのではなく、革にインクを染み込ませているため、多少の傷がついても剥がれることはないのです。

色はだんだんと飴色に変わっていきますが、その変化を楽しむのも本革製品を使う醍醐味。

ステンドグラスコレクションの革は、有名ブランドも使用している上質な革を使用しており、国内の職人が一つ一つ丁寧に仕上げているため、長く使い込むと美しい色つやが出てきますよ。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます