会見より。左から、ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、シンシア・エリヴォ、城田優 会見より。左から、ラミン・カリムルー、シエラ・ボーゲス、シンシア・エリヴォ、城田優

ブロードウェイで大評判となった『カラー・パープル』に主演し、2016年のトニー賞主演女優賞を受賞したシンシア・エリヴォ。オペラ座の怪人の続編にあたる『ラブ・ネバー・ダイズ』オリジナル版の主演コンビであるラミン・カリムルーとシエラ・ボーゲス。そして城田優が加わり、ミュージカル界の4人のスターが贈る世界レベルのコンサート『4Stars 2017』の東京公演が12月20日、東京国際フォーラム ホールCで開幕する。同日、彼らが見どころを語った。

4Stars 2017 チケット情報

先に開幕した大阪公演も評判で、満を持しての東京公演。みな、口々に「今エキサイトしている、ワクワクしている」と語る。ブロードウェイやウエストエンドで『オペラ座の怪人』『レ・ミゼラブル』といった大作に主演し、日本でも大人気のラミンは「東京が大好きですし、戻って来れてとても嬉しい。実は(大阪公演後)2日間お休みを頂いたので、フレッシュな気持ちで臨みます」と東京公演への意気込みを。今年は日本でソロ公演も行ったシエラは「この劇場で出来ることが嬉しい。昨日みんなでサウンドチェックをしましたが、みんなでハッピーになりました」と笑顔だ。

SNSなどでも4人の仲の良さが発信されており、この4人だからこそのハーモニーが舞台上では披露される。来日組の3人と英語でコミュニケーションをとり、常に場を和ませている城田について、シエラは「優さんには面倒みていただきっぱなし。大変お世話になっています。本当の意味でファミリー。食事も、私たちが何を食べたくて何が食べられないか知り尽くして、連れていってくれます(笑)」。「東京に来るのは初めて。この3人と出来て、ワクワクしている」というシンシアも、靴が好きだと語り、このあと城田にスポーツショップへ連れて行ってもらう約束をしているそう。

その城田は「僕、いつも舞台に立つ時はメンタルが弱くなってしまうのですが、3人のポジティブな力に助けられて、久しぶりに舞台の上で楽しいなと思いました。本当に世界トップの3人の歌声を、ひとりでも多くの方に聴いていただきたい。色々な国の言葉が出てきますが、音楽は国境を越えるというものを体感できる、日本では本当にレアな公演です」とアピール。ちなみに今回は5か国語が登場。城田が英語やスペイン語で歌うだけでなく、ほかのキャストが日本語、ドイツ語、フランス語で歌うものもあるそうなので、お楽しみに。

演出はブロードウェイが注目する気鋭の演出家、サラナ・ラパインが担当する。サラナは「色々な作品から楽曲をひっぱってきていますが、その中にもストーリーを展開したかった。今回のコンサートは“愛の探求”がテーマになっています」と語った。“ミュージカル・コンサート”の枠を超えた“作品”であり、世界最高峰の歌声が日本で聴ける貴重な機会である『4Stars 2017』、お見逃しなく。

公演は12月28日(木)まで。チケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます