シャープ、文字とイラストで操作項目を表示するBDレコーダー「BD-W2300」など、ダブルチューナー搭載

2013.5.10 17:59配信
BD-W2300(上)とBD-W1300

シャープは、大きな文字とイラストで操作項目を表示する「ビジュアルホームメニュー」を採用するほか、ダブルチューナーを備えたブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOSブルーレイ BD-W2300」など、2機種を5月29日に発売する。

「見る・編集」「予約する」「ダビング」などの操作項目を大きな文字とイラストで表示するインターフェース「ビジュアルホームメニュー」を搭載。操作する項目がすぐに見つかる。

リモコンの「かんたんメニュー」ボタンを押すと、テレビの画面にシンプルな操作項目を表示。音声ガイダンスに合わせて操作項目を選ぶだけで、操作に不慣れなユーザーでも、視聴番組の録画や録画予約、再生などが簡単にできる。

「高画質マスターエンジンBD」を搭載し、長時間モードで録画した際に発生しやすいブロックノイズや文字などのエッジノイズを低減し、ノイズの少ない高画質な映像を楽しむことができる。また、専用アプリをインストールしたスマートフォンで、外出先から視聴したい番組を手軽に探して録画予約ができる。

チューナーは、地上・BS・110度CSデジタル×2基を搭載。価格はオープンで、実勢価格は、HDD容量2TBの「BD-W2300」が10万円前後、1TBの「BD-W1300」が8万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング