ずぶぬれになっても大丈夫! iPhoneおすすめ防水ケースまとめ&実際に使ってみた

プールサイドで「写真撮って!」と言われても、「ごめん、俺iPhoneだから……」と悲しい気持ちになる前に、スマホ用防水ケースを準備しては? 今回は、水辺に行くときに備えておきたい、デキる防水ケースやTipsをご紹介します。

プールサイドで「写真撮ってー!」って言われても、「ごめん、俺iPhoneだから……」って悲しい気持ちになる前に、この夏はスマホ用防水ケースを準備しては? ここでは夏までに備えておきたいデキる防水ケースやTipsを紹介して行きましょう。

ゴールデンウィークが終わったばかりですが、あと1ヶ月もすればもうレジャーシーズンが到来します。海にプールに大雨に。何かと水濡れの危険が増える季節ですが、みなさんはスマホの防水の方は大丈夫でしょうか? Androidスマホには防水をウリにしている機種も多いため、アウトドア派の方々はそういうチョイスをしていると思いますが、かたやiPhoneはというと未だに生活防水すら手に入れてません。しかし、ニーズは多いんです! iPhoneユーザーだってプールサイドでキャッキャウフフしたり、ビーチにiPhone持って行きたいんです!!

……というわけで、ここでは夏本番前にチェックしておくべき防水Tipsをピックアップしてみましょう。
 

Amazonですぐ買える。評価の特に高い防水ケースはこれだ!

本体に耐水性が無いのならケースでなんとかするのが一番現実的です。幸いiPhoneはAndroidスマホに比べると圧倒的にケースバリエーションは豊富。さまざまなメーカーからさまざまな防水ケースが販売されています。本格的なアウトドアメーカーのケースをはじめ、お手頃価格で入手できるコストパフォーマンスの優れたものまで、豊富なラインナップから特に評価の高いもの紹介していきます。
 

CASE1:バッチリの防水性で水中利用も可能! コストパフォーマンス重視モデル

●Acase 防水ケース for iPhone5

iPhone5をはじめ、GALAXY S3/4、ARROWS、Xperiaなど大きめのスマホも収納できる防水ケース。写真はiPhone4だが、購入してみたところちゃんとiPhone5用のモデルが送られてきた。防水保護の等級はIPx8。

 

CASE2:ジップロックのすごい版。1000円以下で高い防水性を実現!

●iPhone用 防水ケース

口が二重ジッパーになっており、出し入れしやすいのがポイント。ただし縦幅に余裕がないので、iPhone5を入れるとキツキツになってしまう。iPhoneにケースを付けている場合はジッパーが締まらない恐れもあるので注意したい。IP68と、防塵性能表記もあるしっかりとした防水ケース。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング