プリンストン、HDMI対応ビデオキャプチャユニット「デジ造映像版HD」、ほとんどの映像機器に対応

2013.5.13 15:5配信
デジ造映像版HD

プリンストンテクノロジーは、HDMI機器から映像を取り込むことができるUSB接続のHDビデオキャプチャユニット「デジ造映像版HD」(PCA-HDAV)を、5月22日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は1万6800円前後の見込み。

コンポジット/Sビデオ/コンポーネント/HDMIと、多彩なインターフェースを搭載。ほとんどの映像機器との接続に対応し、映像をキャプチャできる。ただし、コンテンツ保護された映像のキャプチャには対応しない。

付属のビデオ編集ソフト「PowerDirector 10 DE版」を使えば、キャプチャした映像に簡単な操作でタイトルやBGMの挿入、ナレーションの追加などができ、編集後の映像はDVDに書き込むことができる。

AV機器やゲーム機などを接続して、PCの画面にゲーム画像をフルスクリーン表示するソフト「FullPlayROCK」が付属。ゲーム画面の録画や静止画のキャプチャにも対応している。また、キャプチャしたファイルを、さまざまな再生機器に合わせたファイル形式に変換するCyberLinkの動画変換ソフト「MediaEspresso 6.5」が付属し、動画ファイルをスマートフォンや携帯ゲーム機などで持ち歩くことができる。

入力解像度は、HDMIが480p/720p/1080i、コンポーネントが480i/480p/720p/1080i。出力解像度は最大1080pで、出力フレーム数は30fps、60fps(480p/720p入力時)。電源はUSBバスパワー。対応OSは、Windows 8/7 SP1/Vista SP2/XP SP3。サイズは幅139×高さ28×奥行き84mmで、重さは約142g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング