バーグハンバーグバーグ通信

後腐れなし! モテすぎる人のための女の振り方6パターン

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第22回。今回は、毎日20人ぐらいに告白され、モテすぎて振り方に困っている人のために、憎まれず&後腐れなく上手に“振る”方法を6パターンご紹介します。

モテすぎて毎日20人ぐらいに告白されるような男になると頭が痛いのが「いかにして振るか」という問題です。恋愛に発展させるつもりのない意図をうまく伝えて、諦めて貰えれば良いのですがなかなかそうも行かないもの…。また、言葉がきつすぎるあまり相手を傷つけて逆に憎まれてしまうこともあるため、慎重な対応が求められます。

そこで今回は、モテすぎて振り方に困っている読者の皆さまのため、憎まれず&後腐れなく上手に”振る”方法を6パターンご紹介したいと思います。

 

 

 

振り方1.

整理券だけ渡して帰って貰う

モテすぎて一人ひとりを相手している暇がない旨を伝えるためには整理券を発行して渡すようにしましょう。告白する女性は「とにかく何かの成果を得なければ」と急いている場合が多いため、口頭で保留にするより整理券が手元にある方がずっと落ち着くのです。

 

 

 

 

振り方2.

「君のことが愛せたなら My Heart」と
J-POPの才能に目覚めながら崩れ落ちる

いかに諦めの悪い女性でもJ-POPの才能に目覚めながら断られてしまうと「この人のJ-POPの邪魔はできない…」と引き下がってしまいます。自分を抱きしめるようなポーズで泣きながらポエティックな文句を使うことで、自分の失恋を悲劇化したい女性の需要に応えるわけです。

 

 

 

 

振り方3.

卓球のテンションになってしまう

ひとたび相手が卓球のテンションになってしまったら恋愛どころではありません。仲間内の誰かが卓球のテンションになったら全員がそれに合わせて盛り上がるというのが日本に古くから根付いている文化であり、たとえどんなに一途な恋であろうとこれを破ることは許されません。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント