パナソニック、ハイエンドコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LF1」、光学7.1倍ズームのライカレンズを搭載

2013.5.14 18:50配信
DMC-LF1

パナソニックは、明るい光学7.1倍ズーム「LEICA DC-VARIO SUMMICRON」レンズやファインダーを搭載し、ポケットサイズを実現したハイエンドコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LF1」を、6月20日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は5万円前後の見込み。

35mmフィルム換算で28~200mmの光学7.1倍ズームで、開放F値F2.0の「LEICA DC-VARIO SUMMICRON」レンズを搭載。7面4枚の非球面レンズとEDレンズ1枚を使用し、大口径化・小型化を実現した。従来の非球面レンズによる収差補正機能に加えて、色収差を効果的に低減する硝材の採用によってすみずみまで高い解像感を得た。

4000分の1秒の高速シャッターに対応するシャッター機構を備え、光学式手ブレ補正「POWER O.I.S.」や超解像技術でズーム域を拡大する「IAズーム」を搭載する。

撮像素子は、1/1.7型で有効画素数1210万画素の高感度MOSセンサ。ダイナミックレンジを確保しながらISO80~12800(拡張)の幅広い感度設定に対応し、夜景や室内など暗いシーンでも美しい写真を撮ることができる。

高い処理性能をもつ画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」を採用し、高感度撮影時のノイズを低減。さらに、新2次元ノイズリダクションや新マルチプロセスノイズリダクションによって、ノイズの質感をコントロールし、ざらつきのないクリアな画質が得られる。

液晶モニタだけでは確認しにくい明るい日中でも見やすい液晶ビューファインダーによって、しっかり構図を決めて撮影できる。操作系には、撮影モードに合わせてズームやISO感度、絞り、シャッタースピードなどを高い操作性で設定できるコントロールリングを備える。

撮影アシスト機能として、構図ガイドを搭載。被写体に合わせて「黄金分割」「対角線」「トンネル」「放射線」「S字」のガイドラインを選び、ガイドに沿って撮影することで、簡単に魅力的な写真が撮影できる。よく使う機能は、特定のボタンに割り当てられるので、好みのボタン配置で使える。

無線LAN機能とiOS/Android対応の専用アプリ「Panasonic Image App」で、スマートフォンやタブレット端末と連携。リモート撮影や再生、写真・動画転送ができる。また、NFC(近距離無線通信)を搭載しているので、おサイフケータイ「Felica」やNFC対応スマートフォン/タブレット端末(Android 2.3.3以上)とタッチするだけで、簡単に無線LANの初期設定や接続、写真転送ができる。

スマートフォン/タブレット端末を使ったリモート撮影は、シャッターを切るだけでなく、タッチした場所にフォーカスを合わせてシャッターを切る「タッチでシャッター」や、撮影設定、動画撮影に対応。撮影後は自動でスマートフォン/タブレット端末に写真や動画を送ることができる。

対応メディアはSDXC/SDHC/SDカードで、内蔵メモリは約87MB。サイズは幅102.5×高さ62.1×奥行き27.9mmで、重さは約192g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング