富士通東芝モバイル、スマートフォン「ARROWS」のau向け2製品をアピール、三浦春馬さんの新CMも披露

2011.12.5 18:41配信
三浦春馬さん(中央)を囲む大谷信雄社長(右)と木原茂副社長

富士通東芝モバイルコミュニケーショズは、12月5日、au向けスマートフォンの新製品「ARROWS Z ISW11F」と「ARROWS ES IS12F」に関する記者会見を開催。大谷信雄社長は、「ARROWS」シリーズに関して、「最先端を行くスマートフォン」とアピール。また、俳優の三浦春馬さんが続投するau向けCMも披露した。

富士通東芝モバイルコミュニケーショズは、昨年10月に富士通と東芝の携帯電話部門が統合して誕生。2社のノウハウを生かして開発基盤を強化し、生産効率を向上させてきた。大谷社長は、「次世代スマートフォンを展開できるようになった」と自信をみせた。

また、「ヒューマンセントリックをベースに、携帯電話の技術、デザイン、ブロードバンドの分野でリーダーになり、世界一使いやすいユビキタス端末の具現化を目指している」(木原茂副社長)という。

2011年冬モデルとして、auから発売となる「ARROWS Z ISW11F」と「ARROWS ES IS12F」は、スマートフォンユーザーから要望が高い防水モデル。さらに「ARROWS Z ISW11F」でWiMAXと1.2GHzデュアルコアCPU、サクサクタッチパネルの「トリプル瞬速」を実現。「ARROWS ES IS12F」は厚ささ6.7mmのスリムボディを打ち出している。

au向け新CMは、引き続き三浦春馬さんがイメージキャラクターを務め、「イケてるビジネスマンのスマホ生活」を主題にしたストーリーに仕上げている。三浦さんは、「海外で撮影しているかのような緊張感があった」と今回の撮影について語り、「ARROWS Z ISW11F」について、「スムーズな操作性で気持ちいい。ストレスがまったくない」と評価した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング