歳を重ねるごとに、どんどんプライドが高くなっていく女性がいます。とくに、若い頃からモテモテだった女性や仕事が順調なキャリアウーマンはプライドが高くなりがちですね。

でも、男性は高いプライドをむき出しにする女性を好みません。今回は、婚活中のオトナ女子が捨てるべきプライドについて考えてみましょう。

「男に嫌われるプライド」は捨てよう

「婚活中のオトナ女子は絶対に捨てるべき」と言い切れるのは、ズバリ「男に嫌われるプライド」です。

もし、ここまで読んだ時点で「男に媚びてまで彼氏が欲しいとは思わない」と思った女性は、既に「女王様」化してしまっている可能性が高いので気をつけてくださいね。

「女王様気質のプライド」は、早めに捨てる努力をするべきです。若い頃からモテモテだった女性は男に困ったことがほとんどなく、気付いたら言い寄られていることも多かったでしょう。

そのような女性の場合、「何でこの私が」と思ってしまう「女王様気質のプライド」をもっている可能性が高いです。

また、職場でお局様のような存在になっている女性も、自分では気付かないうちに「女王様気質」になってしまっていることは多いですよね。

実は、男性が嫌う女性のプライドには、

・自分が悪くても謝らない

・自分の意見は絶対に曲げない

・絶対にお金は出さない

・イベント時のプレゼントやデートへの理想が高い

などがあり、これらは「女王様気質」だからこその行動でもあります。

女王様気質な女性は、

「何で私が謝らなきゃいけないの?」

「私の誕生日に何でこんなお店なの?」

という風に「私が」「私に」と付けて考えてしまうことが多く、基本的に自分本位で相手の気持ちを考えません。でも、実際には女王様ではなく、ただの庶民ですよね?

自分と同じただの庶民なのにも関わらず「この私に向かって」なんて態度で接された男性は、「この女は何様なんだ?」と思うことも多いです。まずは高慢な自分の考え方を見直しましょう。

「男性に甘えられないプライド」は捨てよう

長女などの第一子に多い特徴でもありますが、男性に甘えられないプライドも捨てるべきです。

弱いと思われたくないのは、弱い自分を隠したい証拠。そして、弱さを見せない女性には男性も弱さを見せられません。

男性は頼られると嬉しい生き物ですし、守りたいと思ってくれます。また、弱さを見せても受け止めてもらえるようなホッとする女性を求める男性も少なくありません。

男性がホッとできる女性になるためには、自分の弱さと相手の弱さを受け入れる心の余裕が必要です。まずは、自分の弱さを受け入れるところから始めてみてください。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます