【Siri】意外と知らない!? iPhoneの中の秘書「Siri」活用テクニック集

iPhone 4Sから搭載された音声認識システム「Siri」。その機能を使っていない人、またはSiriの存在自体を知らない人も多いのではないでしょうか? 今回は「こんなこともできたのか!」という、Siriの本当の実力を一挙にご紹介します。

iPhone 4Sから搭載された音声認識システム「Siri」。やって欲しいことをiPhoneに語りかければ、指を使わずともSiriが行なってくれます。まさに秘書的な存在ですね。かつてSiriは日本語に対応していなかったり、対応できることが少なかったため、「役に立たないポンコツ秘書」と言われていました。

しかしそれも昔の話。いまやSiriは本物の秘書のように、あなたのそばで仕事や遊びを手伝ってくれるのです。
 

あなたのやるべきことを覚えていてくれます。

 

「○○日に▲▲▲▲▲を覚えておいて」
「リマインダーを見せて」
と、日付と内容を告げることでリマインダーを設定することができます。画面を見ずに、アプリをいちいち呼びださなくてもOK。ふと思いついたことをリマインドするのに最適です。
登録したリマインダーは「リマインダーを見せて」とお願いすれば一覧で表示してくれますよ。

 

あなたの思いつきをメモしてくれます。

 

「メモを作って」
「メモを見せて」
とメモをお願いすることで、Siriはメモを作成してくれます。作成されたメモは「メモ」アプリに追加され、「メモを見せて」とお願いすればアプリを起動せずともメモの確認が可能です。
 

あなたのスケジュールを管理してくれます。

 

「○○日に▲▲▲▲の予定を追加」
「○○日の予定を教えて」
スケジュール管理も秘書であるSiriのお仕事です。日付・時間を指定して予定を告げることでその予定をカレンダーへと追加してくれます。追加した予定は「予定を教えて」で教えてくれますよ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング