シャープ、4Kテレビ第二弾は「AQUOS」ブランドから、ウーハー内蔵のスピーカーを搭載

2013.5.22 18:51配信
4Kテレビの第二弾「AQUOS UD1」シリーズを発表

シャープは、5月21日、フルHDの4倍の解像度を持つ「4Kテレビ」の第二弾として、「AQUOS UD1」シリーズの70V型モデルと60V型モデルを6月15日から順次発売すると発表した。価格はオープン。

記者会見の冒頭、デジタル情報家電事業本部 液晶デジタルシステム第一事業部の戸祭正信事業部長が、「今年2月に『ICC PURIOS』ブランドで4Kテレビを出したが、『ICC PURIOS』はホームシアター向けのプレミアムブランド。もっと幅広いユーザーに4Kテレビを提案すべく、今回は『AQUOS』ブランドの4Kテレビを発表する。今後は二つのブランドで展開していく」とブランド戦略を説明した。

「AQUOS UD1」シリーズは、外光の映り込みを抑えて鮮明な映像を再現する「4Kモスアイ パネル」を採用。フルHDの4倍の約829万画素で緻密な映像を表示する。また、明るさのムラを抑えた高い輝度均一性を確保し、入力信号に忠実な階調表現で映像を表示する。

画像処理回路には、フルHDの入力映像を4K解像度にアップコンバートする「AQUOS 4K-Master Engine PRO」を採用。地上デジタル放送やブルーレイディスク(BD)の映像を、4K解像度の臨場感溢れる高精細な映像で再現する。

音も強化した。スピーカー前面に金属製パンチングネットを採用した「2.1chフロントサウンド音声システム」を搭載し、音抜けのよい音声を再現する。背面に低振動ウーハー「DuoBass」を組み込み、低音をより力強く再生し、高精細映像にふさわしい高音質を実現する。

このほか、デジタルカメラで撮影した高解像度写真をPCを使用せずに表示できる「かんたん4Kフォトフレーム」機能で、いままでにないリアルで迫力のある写真体験が楽しめる。

発売日と実勢価格は、70V型の「LC-70UD1」が6月15日発売で85万円前後、60V型の「LC-60UD1」が8月10日発売で65万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング