大泉洋登壇! 『探偵はBARにいる2』ヒット御礼舞台あいさつで続編発表

2013.5.27 13:3配信
大泉洋

映画『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』のヒット御礼舞台あいさつが26日、都内劇場で行われ、主演の大泉洋が登壇。共演の松田龍平からの祝福の電報で本作のシリーズ第3弾の製作決定が発表された。

その他の写真

大泉が後方の扉から姿を現すと客席は拍手と歓声に包まれ、大泉はファンからの握手の求めに応じながら壇上へ。映画は順調に観客動員を伸ばし、この日で50万人を突破。大泉は「あっちゃん(前田敦子)と峯岸みなみちゃんが初日に観に行ってくれたそうです!」と満面の笑みで明かしつつ、「そのあっちゃんが出ている『クロユリ団地』には負けちゃいまして、ちょっとガッカリしましたが…(苦笑)」と自虐的に語り、客席は笑いに包まれた。

この日は、撮影のために欠席となった相棒・高田役の松田から祝電が届いたが、その中で松田は「なんと、第3弾の製作が決定しましたね。おめでとうございます」とさらなる続編の製作決定を発表。突然の吉報に客席からは再び大きな拍手がわき起こり、大泉は「ありがとう!」と笑顔で応じつつも「それは俺が華々しく言うことだから! 何で電報でアイツが言っちゃうの?」とその場にいない松田からの発表に納得がいかない様子。さらに、松田の電報が「頑張ってください。応援しています」で終わっていることにも「他人事みたい!」と怒りを露わにしていた。

次回作の構想を聞かれると、大泉は「第3弾も第4弾も一緒に作っちゃおうと思います。びっくりするようなところで終わらせて『第4弾につづく』としたらいい」と内容よりもいかにしてシリーズを伸ばすかを画策。「龍平くんもいつ飽きて『出ない』って言い出すか分からないから。あのコ、飽きっぽいからね。だまして『3』と『4』を作った方がいい」と続けつつ、具体策に関しては「ひとつも考えてませんでした」と苦笑。この4月で不惑の40代に足を踏み入れたが「また体を張ることになるだろうね」とあきらめ気味にさらなるアクションに身を投じることを予言し、ファンを喜ばせていた。

公開中の『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』は東直己氏の小説「ススキノ探偵シリーズ」の第5作「探偵はひとりぼっち」が原作。オカマバーで働く友人の殺害事件の犯人をあげるべく探偵と相棒が奮闘する。

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング