是枝裕和監督『そして父になる』カンヌで審査員賞受賞!

2013.5.27 15:9配信
カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した是枝裕和監督

是枝裕和監督の『そして父になる』が、26日夜(現地時間)に行われた第66回カンヌ映画祭授賞式で審査員賞を受賞した。

その他の写真

是枝作品は同映画祭では、過去に『誰も知らない』が男優賞(柳楽優弥)を受賞、『空気人形』が「ある視点」部門に正式招待されており、本作も18日に行われた正式上映で10分間ものスタンディングオベーションを受けるなど高い評価を集めた。是枝監督は授賞式で「ここにまた立つチャンスをくれた映画祭と審査員のみなさんに感謝します。一足先に帰った福山さんはじめキャストのみなさん、こられなかったスタッフのみんなとこの賞を分かち合いたいと思います」とよろこびを語った。

ちなみに日本映画が同賞を受賞するのは、三國連太郎が監督を務めた『親鸞・白い道』以来26年ぶりで、カンヌ映画祭のコンペで日本映画が受賞するのは、河瀬直美監督の『殯の森』以来6年ぶりとなる。

本作は、ある日突然、自分の子どもが病院で取り違えられたという事実を突きつけられた親の姿を通して、愛、絆、家族とは何かを問うヒューマンドラマ。福山雅治が主人公の父親役を務め、その妻を尾野真千子が、子どもを取り違えられてしまったもうひと組の夫婦をリリー・フランキーと真木よう子が演じる。

『そして父になる』
10月5日(土)新宿ピカデリー他全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング