アイドルによるアニソンも良曲揃い! 人気音楽制作チームによる名曲の数々

●Luce Twinkle Wink☆『Fight on!』(『ゲーマーズ!』ED)

歌にダンスに全力投球なパフォーマンスで、アイドルファンの支持を集めるLuce Twinkle Wink☆。

本年度は、『go to Romance>>>>>』と『Fight on!』という2枚のシングルのリリースと、「アニメロサマーライブ」への(同ユニット名義での)初出場で、アニメファンにも可愛らしい歌声とハードかつシンクロ率高めなダンスパフォーマンスを見せつけてくれました。

『go to Romance>>>>>』もアイドルソングとして欠けるところがない、本当に素敵な曲なのですが、個人的な"推し"としてチョイスさせていただいたのは、この曲。

鍵盤楽器のポップな音色がユニットのチャーミングな音楽性をグイグイとリードする恋の応援ソングです。

各シングル毎に豪華作詞家を迎えるLuce Twinkle Wink☆らしく、本曲では、KOTOKOさんが作詞を担当。その甘酸っぱい歌詞世界も聴きどころ。

●バンドじゃないもん!『METAMORISER』(『つぐもも』OP)

アニメの各種主題歌を筆頭に、声優、アイドルへの楽曲提供で、今年も八面六臂の大活躍を見せた音楽制作集団Q-MHz。

人気アイドルグループに提供した本曲では、超ハイテンションなミクスチャーサウンドを聴かせてくれました。

所謂"アニメ声"な声質を持つメンバーも擁する同グループだけに、アニメ作品の主題歌としての相性もバッチリ。そのハイヴォルテージな歌は、アイドルによるアニソンの中でも、強烈な個性を確立していました。

メンバーの歌声をガッチリと支えるバンドサウンドにも要注目!

●稲葉夕士(阿部敦)、長谷泉貴(中村悠一)『日常識Broken down』(『妖怪アパートの幽雅な日常』ED)

こちらも、Q-MHzの作・編曲で、ジャジーなサウンドアプローチに乗せて、阿部敦さんと中村悠一さんの美声を楽しめる女性ファンには堪らないナンバー。

徹頭徹尾ファンキーで、どこかラテンの要素も感じさせるアッパーなトラックは、問答無用でリスナーのテンションを上げてくれますし、そこに、セクシーな男性声優さんの歌声が絡みつくのですから、その破壊力は言わずもがなです。

Q-MHzの変幻自在な音楽性の魅力がギュッと詰まった1曲だと思います。

●GARNiDELiA『アイコトバ』(『アニメガタリズ』OP)

ダンスチューンから2017年の私的ベストヒットを選ぶとしたら、何の迷いもなく即座に選べてしまうのが、GARNiDELiAの『アイコトバ』です。

EDM的なブレイクダウンのパートも取り入れたアッパーなテクノ・ミュージックですが、ポップなメロディも然ることながら、メイリアさんの陽性のヴォーカルと、オタク者ならば共感必至の歌詞がとにかくグレート!

友情賛歌とも取れるし、オタク賛歌にも聴こえる「好きなものを偶然にも繋がった者同士だけが感じることができる強く熱い絆」を紡ぐ言葉の数々は、「好き!」な物を持つ人間ならばクリティカルに心の奥底へと響くハズです。

メロディやビートの強固さに併せて、言葉の力でもリスナーを魅了する『アイコトバ』。アニメを好きという気持ちを真摯に描き続けた『アニメガタリズ』とのフィット感も抜群なナンバーでした。

●トキメキ感謝祭『情熱☆フルーツ』(『アクションヒロイン チアフルーツ』OP)

特撮ヒーローファンならば必見の特撮愛溢れるアニメ『アクションヒロイン チアフルーツ』からは、オープニング曲のこの曲を。

メインヒロインを演じたM・A・Oさんを始め、今後のアニメ界を担うであろう期待の若手女性声優陣が集った若々しくチアフルな歌声は、声優ファンならば一発でメロメロになってしまうような愛らしさがあり、その圧倒的な多幸感はこの曲の存在感を際立たせています。

"女性声優ユニット"による本年度の楽曲において、私的ベストに入るスペシャルな輝きをその歌に、メロディに、そして、言葉に宿していたナンバーでした。

『アクションヒロイン チアフルーツ』における特撮ネタの数々と共に、アニメ、声優ファンは勿論のこと、特撮ヒーロードラマのファンにも絶対に聴いていただきたいナンバーです。これを聴いて、君の胸のエンジンにも火をつけろ!

都内在住の極々平凡なサラリーマン兼、アニメ、音楽、プロレス、映画…と好きなものをフリーダムに、かつ必要以上に熱っぽく語るBLOG「さよならストレンジャー・ザン・パラダイス」管理人。永遠の"俺の嫁"である「にゃんこい!」の住吉加奈子さんと共に、今日も楽しいこと、熱くなれることを求めて西へ東へ。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます
バックナンバー