こんにちは、ライターの中村です。

本日は、「異性に聞かれたくないこと【男性編】」ということで、飲み会のたびにその辺の人にアンケートをとってきました。

早速ご紹介します!

見下されてる気がする…!? お金のこと

「年収は聞かれたくないです。何かを査定してるの?とか、見下してるの?とか、いろいろな不快な思いのもと答えますが、とにかくいい気はしません」(31歳/会社員)

予想していた答えが一番にきました!

年収や、月給などの収入に関することは、なんだかわからないけれど不快な気持ちになる人が多そう。

日本人の特性という感じもしますが、お金のことは隠すのが美学という風潮があります。

一応答えはしますが、「年収を聞いてくる人」は、相手にとってあまりよくないカテゴリに入れられていそうですね。

実年齢と見た目年齢が違うから、年齢は聞かないで!

「僕は年齢を聞かれるのが嫌です。見た目が老けているので、答えるとだいたい、「あ〜……」っていう雰囲気になります。黙っているとそこそこ仕事のできる感じに見えるので、なるべく触れないで欲しいです」(25歳/会社員)

これは意外な回答ですね。営業職の方なんかには多いのかも?
年齢=経験という風に考える人も多いとか。

私は逆に、31歳ですが新卒かのごとく落ち着きがないので、年齢を言うと「そんなにいってたんだ!?」という雰囲気になります。

個人的には、そこからエピソードトークに広がったりするので、会話のはじまりとしては最適なのでは?と思っています。

あと、年齢くらい普通に教えて欲しい。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます