日本マイクロソフト、タブレット型PC「Surface Pro」を6月7日に発売、128GBと256GBの2モデル

2013.5.29 21:16配信

日本マイクロソフトは、10.6インチのフルHDディスプレイ、Windows 8 Proを搭載したタブレット型PC「Surface Pro」を6月7日に発売する。参考価格は、128GBモデルが9万9800円、256GBモデルが11万9800円。

「Surface」シリーズは、Windows 8/RTを搭載した自社製タブレット端末。3月15日に、OSにWindows RTを搭載した「Surface RT」の国内販売を開始。これに加えて、Windows 8の最上位エディションであるWindows 8 Pro(64ビット)を搭載し、Windows 8アプリや従来のデスクトップアプリケーションが使用できる「Surface Pro」を追加する。

10点マルチタッチに対応する解像度1920×1080ピクセル、10.6インチの液晶ディスプレイ、第3世代 Intel Core i5、4GBのメモリ、720p対応HDカメラ(前面/背面)、IEEEE 802.11a/b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.0などを搭載。日本市場向けモデルは、SSD容量を海外で販売している64GB/128GBではなく、より大容量の128GB/256GBに強化し、統合オフィスソフトのOffice Home and Business 2013(Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook)をプリインストールした。256GBモデルは他国に先駆けての販売となる。

マグネシウム合金製の本体、一体型キックスタンド、厚さ3mmの感圧式キーボードを備えたタッチカバー/厚さ6mmのしっかりとした打鍵感のあるキーボードを備えたタイプカバーなど、販売中の「Surface RT」と同じ特徴に加え、USB3.0ポートやミニディスプレイポートを備え、メインPCとして使うこともできる。また、ペンの反対側に消しゴム機能を備え、鉛筆のような感覚で使える専用ペンが付属する。サイズは約275×173×14mmで、重さは約907g。

一般・個人向けに、エディオン全店と100満ボルトの主要店舗、ケーズデンキグループの主要店舗、ビックカメラグループ(ビックカメラ/ソフマップ/コジマ)、ヤマダ電機グループ、ヨドバシカメラとオンラインショップのMicrosoft Storeで販売する。Surface RT/Surface Pro購入者を対象とした「Surface デザイン キーボード プレゼント キャンペーン」を、6月7日から6月30日まで実施する予定。

また、法人向けの販路については、現在販売網を整備しているところで、近く詳細を発表するという。

※Surface RTの除外について

「Surface RT」とその対応アクセサリは、現在、「BCNランキング」の集計対象外です。ご了承ください。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング