“キネ旬ベスト・テン”に輝く名作がスクリーンに!

2013.5.30 17:00配信
“キネマ旬報映画祭〜スクリーンによみがえるキネマ旬報ベスト・テン〜”

株式会社キネマ旬報DDは、映画雑誌『キネマ旬報』で毎年発表される“キネマ旬報ベスト・テン”を受賞した名画20本をデジタル化し“キネマ旬報映画祭〜スクリーンによみがえるキネマ旬報ベスト・テン〜”と題して全国の劇場で上映することを発表した。

現在、多くの映画館がデジタル上映設備を導入する中、これまでフィルム上映されてきた作品をデジタル化する作業は、費用などの問題からあまり行なわれていないのが現状だ。また、DVDなどのソフトもセル&レンタル共に廃盤となっている場合が多く、鑑賞機会がない作品も存在する。今回の試みは、そんな名画たちに光を当てるべく発足したもので、キネマ旬報DDは「デジタル時代に突入した映画館でも、過去の傑作を鑑賞できる、これから生まれる映画ファンに不朽の名作の感動を伝えることができる。その環境作りを当社がサポートいたします」とコメントしている。

特集では、ロバート・アルトマン監督の『ナッシュビル』、フォルカー・シュレンドルフ監督の『ブリキの太鼓』、中原俊監督の『櫻の園』、崔洋一監督の『月はどっちに出ている』など、洋画、日本映画、合わせて20作品を上映。6月22日(土)よりTKPシアター柏で開催されるのを皮切りに、中川コロナシネマワールド(愛知県名古屋市)、シネマート心斎橋(大阪府大阪市)など、全国の劇場約30館で実施される予定。

“キネマ旬報映画祭〜スクリーンによみがえるキネマ旬報ベスト・テン〜”
<日本映画ベスト・テン>
『さらば愛しき大地』柳町光男監督(1982年/ベスト・テン第2位)
『台風クラブ』相米慎二監督(1985年/ベスト・テン第4位)
『櫻の園』中原俊監督 (1990年/ベスト・テン第1位)
『月はどっちに出ている』崔洋一監督 (1993年/ベスト・テン第1位)
『絵の中のぼくの村』東陽一監督 (1996年/ベスト・テン第5位)

<外国映画ベスト・テン>
『ナッシュビル』ロバート・アルトマン監督(1976年/ベスト・テン第6位)
『ブリキの太鼓』フォルカー・シュレンドルフ監督(1981年/ベスト・テン第1位)
『バグダッド・カフェ』パーシー・アドロン監督(1989年/ベスト・テン第6位)
『シカゴ』ロブ・マーシャル監督(2003年/ベスト・テン第8位)
『愛を読むひと』スティーヴン・ダルドリー監督(2009年/ベスト・テン第6位)

※上記を含む全20作を上映。なお、上映作品は劇場によって異なります。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング