連絡がマメで、わたしのことを第一に考えてくれ、日々「愛してる」と言ってくれた……。

あんなに優しかった彼が付き合いはじめたら別人みたいに……。みたいなお悩みをよく聞きます。典型的な“釣った魚に餌をあげない”男性の特徴です。

みなさん、なぜか「彼だけはそうならない」と信じてしまうけれど、本当によくある話。

そこで今回は、交際前に「釣った魚に餌をあげない男性かどうかを見抜く方法」と、交際後も餌をもらい続ける秘訣についてお話ししたいと思います。

釣った魚に餌をあげないタイプの男性って?

自信家

交際前に、好きな女性にアピールするためとはいえ、「俺って○○だから……」、「自分はこういうことで評価されてて」、「僕は特別なんだよ」と、自分の話、特に自慢話ばかりする男性は、交際後に変貌しやすいです。

自信家タイプの男性は、「自分と付き合えただけで有り難く思え」となる可能性が! 別れるわけがないと思って、女性の扱いが雑になりがちです。

ナルシスト

異常なほど見た目を気にして、鏡ばかりみている男性は、自分のことが1番好きなナルシスト。釣った魚に餌なんてやるわけがありません。1番興味があるのは恋人より自分ですから。

交際前、猛アピールして尽くしてくれたとしても、それは自分を輝かせる装飾品の1つとして、素敵な恋人が欲しいからかもしれません。

飽きっぽい

その男性を観察してみてください。好きだ好きだと騒ぐアイドルが次々変わっていないでしょうか。趣味でも仕事でも、傾倒するファッション、好きなラーメン屋……なんでもいいですが、人一倍変わりやすく、飽きっぽくないですか?

そういったタイプは、恋人に対しても熱しやすく冷めやすい“飽き性”。釣り上げたら一気に興味を無くす可能性が高いです。

プレゼント攻撃がすごい

誕生日でもクリスマスでもないのに、どんどんプレゼントされるってどうですか?

「愛されてる〜」なんて感激するのはちょっと待って。好意のある人からプレゼントを貰えば、そりゃ悪い気はしないでしょうが、度を超えている場合は用心した方がいいです。

好かれようと無理してますから! 無理をしていると、必ず息切れします!!

バースデーだから頑張った、という1回の奮発なら理解できますが、幾度ともなると話は別。常に高級レストランでご馳走してくれるなんて場合も同様です。交際後に、無理をした反動が訪れてしまいます。

また、見分けがつきにくいですが、ゲーム感覚で女性を落とそうとするゲーマータイプの可能性も……! その場合、獲物を釣り上げた途端、心は当然のように別の獲物に移ります。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます