「私は彼が好きだけど、イマイチ愛されている気がしない」「付き合っているのに、プロポーズに踏み切ってもらえない」

恋愛で抱く悩みは人それぞれ。

今回はそんな悩みを持つ結婚したい女性必見の、恋愛に使える心理学を紹介します。

心理学を味方につけることで、彼の心をグッと惹きつけてあなたに夢中にさせることができるかも!?

1: 「ミラー効果」

恋愛にたいへん効果的と言われている心理学、ミラー効果をご存知ですか?「ミラーリング」「同調効果」とも言われます。

人は好意を抱いている相手とついつい同じ動作をしてしまうことがあることから、これを応用して、相手に好意を持ってもらうために、意図的に同じ動作を真似ると良いという心理学です。

真似をするのは相手の表情でもしぐさでも行動でもいいのですが、これをすることによって、尊敬や好意の気持ちが相手に伝わるのです。

例えば以下のようなことがありますので、まずは実践してみてください。

・彼が喜んでいたら、あなたも喜ぶ

・彼が頼んだメニューと同じものを注文する

・彼が脚を組み替えたら、あなたも組み替える

いかがですか?

このくらいなら心理学と言っても難しく考えすぎることなく、すぐに試せそうですよね。

ポイントは、あくまでもさりげなく行動すること。意図的に真似をしているのがバレたら、「この子何してるの?」なんて、“痛い子”と思われてしまうことも。

2: 「吊り橋効果」

次は、有名な心理学をおさらいしていきましょう。

吊り橋効果と言われる心理学は、「吊り橋をわたった恐怖心による胸のドキドキを、一緒にわたった相手への恋愛のドキドキだと勘違いしてしまう」というもの。

ジムやゲレンデで恋が生まれやすいのは、一緒に運動をした際の心拍数が上がったドキドキを、恋愛だと勘違いしてしまうためだとも言われています。

これは恋愛に使いやすい心理学ですね。

一緒にホラー映画を観てドキドキさせる、ライブで一緒に騒いだり、お酒を飲みに行って心拍数を上げさせる、など普段のデートでも十分実践できます。

ミニスカートやショートパンツなど、露出度の高めな洋服を着てデートに出かけることも、彼をドキドキさせるのに効果的ではありますが、「軽そうな子だな」と思われてしまうことも。

もし婚活をしているなら得策でありませんよね。あくまでも品を忘れないようにしましょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます