パイオニア、ホームDJ向けのワイヤレスDJシステム「XDJ-R1」、iPad/iPhone/iPod touchを使った操作に対応

2013.6.3 12:46配信
XDJ-R1

パイオニアは、業界で初めてiPad/iPhone/iPod touchで操作してDJプレイを楽しめるワイヤレスDJシステム「XDJ-R1」を7月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は10万円前後の見込み。

本体と無料の専用アプリ「remotebox」をインストールしたiPad/iPhone/iPod touchを無線LANで接続することで、端末の画面上で本体に接続したUSBストレージデバイス内の曲を選曲できる。指定した拍(ビート)で自動的に楽曲をループ再生する「AUTO BEAT LOOP」や、端末上のX-Yパッドを使った直感的なエフェクト操作にも対応している。背面には、iPhone/iPod touchを選曲しやすい角度に設置できるスタンドを備える。

音楽CDに加えて、USBストレージデバイスや、CD-R/RWに記録したMP3/AAC/WAV/AIFFなど、さまざまなメディアや音楽フォーマットを使ってDJプレイを楽しめる。MIDIに対応し、DJソフトウェアのコントロールにも使える。

このほか、各プレーヤーで再生している曲の拍を、「SYNC」ボタンを押して自動的に同期する「BEAT SYNC」機能や、「HOT CUE」「4-BEAT SAMPLER」「BEAT FX」「SOUND COLOR FX」など、幅広いアレンジやミックスを実現する多彩な機能を備える。

本体は2台のプレーヤーとミキサーの一体型で、本体だけでDJプレイを楽しめる。また、CDプレーヤーやレコードプレーヤーなどを接続する外部入力端子を搭載しているので、単独の2chミキサーとしても使用できる。

アナログ回路とデジタル回路を分離し、入力したアナログ信号を最短距離でデジタル変換することによって、ノイズを低減。すべての信号処理を、高性能CPUで行うことで、クリアな音質でのDJ MIXを実現する。

インターフェースは、USB端子×2(A端子×1、B端子×1)を備えており、音声入力はPHONO/LINE×2、MIC×1、AUX×1、音声出力はMASTER OUT×2(XLR×1、RCA×1)、HEADPHONE MONITOR OUT×2、BOOTH OUT×1を搭載する。サイズは幅623.0×高さ107.7×奥行き308.4mmで、重さは6.8kg。

購入者は、Atomix ProductionsのDJソフトウェア「Virtual DJ Limited Edition」を無償でダウンロードできる。「Virtual DJ Limited Edition」は、「XDJ-R1」で操作しやすいオリジナルのGUIデザインを採用し、ループやエフェクト、サンプラー、4chミックスなど、多彩なDJプレイが快適に楽しめる。

「XDJ-R1」の発売に合わせて、専用のDJシステムバッグ「DJC-SC3」を7月下旬に発売する。狭いDJブースでも機器を出し入れしやすく、内部のクッション材で機器を衝撃や振動から保護。前面にはヘッドホンやケーブル、タブレット端末などを収納できる大型ポケットを備えている。価格はオープンで、実勢価格は2万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング