INFINITEエル、写真展開催! サイン会は「忘れられない日になった」

2013.6.3 15:40配信
初フォトエッセイの写真展を行ったINFINITEエル 初フォトエッセイの写真展を行ったINFINITEエル

韓国出身の男性7人組・INFINITE(インフィニット)のエルが6月2日、東京・原宿のthe SAD cafe STUDIO B1で、初フォトエッセイ『L's Bravo Viewtiful 日本版』(5月15日発売)発刊記念写真展(6月3日~5日)の会見を行った。

INFINITEエルの会見の写真

同会場で、6月1日と2日にサイン会も行ったエルは「(写真展は)写真を撮っている者のロマンであり憧れなのでとても嬉しい。作家としての初めてのサイン会は、忘れられない日になりました」と目を輝かせ、「会場で写真を見ることで、自分自身を振り返る良い機会もなりました」とコメントした。

同書は、エルが2012年9月28日から日々を撮り続けた93日間の記録で、プライベート感あふれる内容。日韓で同時発売され、購入者の中から400名を招待するサイン会への応募は、1万3000通を越えたほどの人気だ。エルも自らCDショップを訪れ、店内で同書を目にしたそうで「実際にお店に並んでいるのを見ると、『本が出たんだな』という実感がわきました。まだ力不足で『作家』というのはおこがましいけれど、皆さんに買っていただけたと思うとすごく嬉しい」とはにかんだ。

また、INFINITEのメンバーも被写体として登場している。プロジェクトはメンバーに秘密で進めていたそうで「出来上がった本をメンバーに見せたら、『お前にこんな才能があったんだな!』と驚いていました」と満面の笑み。メンバーの写真写りについては「全員、写りは良いです(笑)。一番良いのは、メイクをしなくてもキレイなソンジョン君。悪い人をあえて挙げるならソンヨル君ですが、理由は省略します」と答えをにごし、報道陣を沸かせた。

6月13日(木)からINFINITEの日本初アルバム(6月5日)リリース記念イベントで、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、札幌と日本全国を巡るエル。「広島の宮島がとてもキレイだときいたので、写真を撮ってみたいですね」と次回作にも意欲を見せた。

会見では、エル自ら「臨津閣(イムジンガク)で2012年最後の日を送る」という作品にサインしてニッコリ。その後、場内の写真数点にもサインを入れた。このサイン入りパネルは来場者の中から抽選で3名にプレゼントされる。

写真展は、6月5日(水)まで東京・原宿のthe SAD cafe STUDIO B1にて開催中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング