グランフロント大阪のナレッジキャピタル1階にあるメルセデスブランドの発信拠点「Mercedes me Osaka」で、大阪が誇る伝統芸能・文楽とのコラボが実現。12月26日(火)よりラッピングカーの展示がスタートし、除幕式が行われた。

「初春文楽公演」「うめだ文楽2018」チケット情報

1月3日(水)より大阪・国立文楽劇場で上演される『初春文楽公演』、2月2日(金)よりグランフロント大阪北館4階のナレッジシアターにて上演される『うめだ文楽2018』。両公演の上演演目である『傾城恋飛脚 新口村の段(けいせいこいびきゃく にのくちむらのだん)』。遊女梅川を身請けするために300両の金を横領し、梅川と共に実父・孫右衛門の住む新口村へと逃げた忠兵衛。そこで繰り広げられる、親子の情愛や男女の愛を描いた物語だ。降りしきる雪の中、追ってから逃れようとする忠兵衛と梅川の、美しくも悲しいふたりの姿が涙を誘う人気作となっている。

その美しい世界を表現したアートワークで、メルセデス・ベンツの車両をラッピング。和と洋がスタイリッシュに融合した、斬新なコラボレーションだ。除幕式では、人形遣いの吉田玉勢(たませ)と吉田簑紫郎(みのしろう)が文楽人形の梅川と忠兵衛を操り、パフォーマンスを行った。

梅川を操る簑紫郎は「メルセデスさんという伝統のあるメーカーさんにご協力いただいて、伝統芸能を紹介させていただくというのはすごくありがたいなと思います。このお芝居の時代にこのような車があったら、新口村まで20日間もかけずに、すぐに辿り着けますね(笑)」と笑いを誘い、忠兵衛を操る玉勢は「すごく美しくラッピングされていて、感激しています」とコメントした。

コラボラッピングカーの展示は12月26日(火)から2月4日(日)まで。『初春文楽公演』『うめだ文楽2018』のチケットは発売中。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます