飛行機なのに高所恐怖症? ディズニー新作『プレーンズ』が12月公開

2013.6.4 10:20配信
『プレーンズ』 (C) 2013 Disney Enterprises. Inc. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサーの人気作『カーズ』シリーズからインスピレーションを受けた新作映画『プレーンズ』が12月に日本公開されることが決定した。言葉を喋る飛行機ダスティが主人公にした感動作だ。

その他の情報

本作の主人公は飛行機なのに“高所恐怖症”に悩まされているダスティ。彼は、農場の農薬散布機にも関わらず、世界一周レースで優勝することを夢見ているが、周囲は彼に「無理だ」と言い放つ。映画は、周囲の声に負けず、恐怖に立ち向かいながら夢を目指そうとするダスティの姿を描くという。

監督を務めるのは『ティンカー・ベルと月の石』を手がけたクレイ・ホールで、彼は本作について「私たちは出来る限りのハートとメッセージをこの作品に込めています」とコメント。『カーズ』では観客の共感をよぶドラマと迫力のカーレースが描かれたが、インスピレーションを受けて製作された『プレーンズ』も愛らしいキャラクター、観客が感情移入してしまう物語、そして大空を舞台に繰り広げられる飛行シーンが揃っているという。

本作は全米で8月に公開され、12月に日本公開される。

『プレーンズ』
12月 2D・3D同時公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング