“忍たま乱太郎”加藤清史郎が、小学生500人を前に特別授業!

2013.6.7 15:21配信
(左から)神月朱理(しんべヱ役)、加藤清史郎(乱太郎役)、林遼威(きり丸役)

人気子役の加藤清史郎が6日、主人公・乱太郎を演じる『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』の公開を記念し、都内の小学校で児童500人を前に“特別公開授業”を行った。イベントには共演する内博貴(土井半助役)、林遼威(きり丸役)、神月朱理(しんべヱ役)、田崎竜太監督が同席。加藤は忍術にまつわるクイズや、箱の中身を言い当てるゲームに挑戦し、子どもたちと楽しい時間を過ごしていた。

その他の写真

子どもたちに大人気の“忍たま”を実写映画化した前作『忍たま乱太郎』(11)の続編。一人前の忍者になるために忍術学園に通う乱太郎が、手にした者は天下を獲ることができる妖力を秘めた刀“極楽丸”の行方を追って、仲間たちと大冒険を繰り広げる。

イベント後、取材に応じた加藤は「みんなの熱気がすごくて、楽しめました」とニッコリ。前作からの続投に「大好きな乱太郎を2度も演じられて、とってもうれしかったです」と喜んでいた。撮影は昨年夏に行われ「とにかく暑かったのが、思い出に残っています」と振り返り、「今回はアクションがグレードアップしているので、ぜひ注目してください」とアピールも忘れなかった。

一方、忍術学園“一年は組”の教科担任・土井半助を演じた内は「子どもが大好きだし、ここにいる3人から元気をもらったので、楽しく演じることができた」と初の先生役に手応え十分。加藤が「とても頼もしくて、僕たちが悩んでいるときに相談に乗ってくれた」と内に感謝を示すと、「いや、清史郎こそみんなのリーダーで、現場の空気をまとめてくれた。一番の大人で、本当にしっかりしている。完全に先輩ですから(笑)」とたたえた。田崎監督も「暑くて大変な中、元気でかわいい忍たまたちの頑張りに助けられた。映画を観て、楽しい夏休みになれば」と話していた。

『忍たま乱太郎 夏休み宿題大作戦!の段』
7月6日(土)全国ロードショー

取材・文・写真:内田 涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング