ビックカメラ、東京メトロ赤坂見附駅から徒歩10秒の赤坂見附店をオープン

2013.6.7 18:26配信
ビックカメラ赤坂見附駅店

ビックカメラは、6月7日、東京メトロ赤坂見附駅の上に建つベルビー赤坂に、ビックカメラ赤坂見附駅店をオープンした。売り場は地下1階から地上9階までの約6000m2。

ビックカメラが地下鉄の単独駅に出店するのは初めて。東京メトロによると、池袋駅の乗降者数が1日42万人であるのに対して、赤坂見附駅と、半径約500m内にある永田町駅、赤坂駅、国会議事堂前駅、溜池山王駅の合計は1日37万人になるという。

店長に就任した堀越雄執行役員は、「赤坂見附店は、地下鉄の改札口から5秒、電車を降りてからでも10秒で売り場に到着する。駅に近いことをアピールするために、『駅ビック』の名称で訴求していく」と話した。

品揃えについては、「周辺はオフィスビルや飲食店が多いので、ビジネスパーソン向けのデジタル家電を充実させ、可能な限り各コーナーで実機を体験・体感していただけるよう工夫した。また、アップル製品の修理サービスカウンターや改札口から約10秒のドラッグコーナー、レッスンプロが常駐するゴルフコーナーなど、家電以外にもビジネスパーソンに欠かせないアイテムとサービスを豊富に揃えている」と新店舗の特徴を紹介した。

周辺客のニーズに合わせた製品のラインアップは特に充実。1階のビューティコーナーには多数の電子シェーバーを取り揃え、替え刃やT字カミソリなど関連グッズが充実。4階には文房具・電子文具コーナーを設け、家電製品以外のビジネス需要に応える。同じ4階には、ソフマップの「サービス・サポートカウンター」を設置し、PCや周辺機器だけでなく、家電製品全般の修理を一手に引き受ける。

さまざまな製品を体験・体感できるのも赤坂見附店の特徴だ。デジタルカメラ売り場には、主力メーカーのデジタル一眼カメラがずらりと並び、スタッフに声をかければ、標準からマクロ・超望遠レンズまで、多種多様な交換レンズを試すことができる。同じく2階のヘッドホン・イヤホン売り場は、数百円から10万円台の製品までを取り揃え、もちろんデモもOK。5階の生活家電フロアには、掃除機のデモ機が40~50台並ぶという充実ぶりだ。

堀越店長は「売上げの目標は当然あるが、1年後に『ビックカメラができてよかった』と思ってもらえることも大きな目標の一つ。近隣の店舗の方々や居住されている方々から、『ビックカメラができて赤坂界隈がより魅力的になった』『乗降客が増えて街に活気が出た』といった声がいただけるようになることを目指す」と抱負を語った。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング