大西 洋平 ワンマンライブ~僕らが最後に少年だった夏~が赤坂BLITZで開催

2013.6.10 10:00配信

5月29日に東京・赤坂BLITZで大西 洋平 ワンマンライブ~僕らが最後に少年だった夏~が開催された。

この日のライブは彼にとって自身2度目の赤坂BLITZでのワンマン。公演前、ぴあで公開されたインタビューでは、前回の公演時は「内容どうこうよりも、やれた事がゴールになっていた」と話すように、彼にとってまだまだやれるという想いが残ったライブだったようで、今回のワンマンに関しては「このライブがスタートという気持ちで、とにかくいいライブにしてやろう」と強い想いを語っていた。

この日のライブではまず、オープニングSEが流れたあと、バンドと大西が登場。1曲目に『流れ星が落ちた夜のこと』を披露。観客からは自然に手拍子が巻き起こり、それに呼応するような大西のギターカッティングが心地よい。

この日のライブでは、バンマスとして青柳誠が参加。青柳は昨年大西がリリースしたアルバム『僕らが最後に少年だった夏』にアルバムのサウンドアドバイザーとして参加し、大西にとって関わりの深い人物だ。この日のライブでもライブの要所で存在感を見せ付けていた。

中盤に披露された『今日に名前をつけるなら』では間奏でマイクを通さずに地声で叫び、この公演を行える幸せを体中で表現し、観客の喝采を浴びていた。

本編終盤はお客さんを立たせ『Chi-Chi-Chi』『Part-time lover』『Action』を立て続けに披露。熱気を残したままライブは終了。当然ながらまだ物足りない観客によってアンコールがかかると、ステージに大西が再度登場。改めてバンドやスタッフ、そして観客への感謝の想いを述べ、まだ音源になっていない楽曲『動物園』を披露。この楽曲は特に歌詞において、これまでの彼の歌詞の世界観からまた一つ成長したような、そんな素敵な曲だった。

一歩一歩着実な活動で、赤坂BLITZに満員の観客を呼び寄せた大西 洋平。これからも寄り一層大きな舞台に飛躍していきそうな、そういった公演であった。

■「大西 洋平 ワンマンライブ~僕らが最後に少年だった夏~」セットリスト
1.流れ星が落ちた夜のこと
2.動揺
3.蜃気楼に消えないで
4.Crazy
5.プラスチックに永遠を
6.君というそれだけで
7.Red eye
8.今日に名前をつけるなら
9.Memo
10.カーテンコール
11.8月16日、彼は明日の朝バイト
12.せかいいち
13.帰り道
14.リピート
15.Chi-Chi-Chi
16.Part-time lover
17.Action

EN1.蒼いパズル
EN2.動物園

いま人気の動画

     

人気記事ランキング