かぐらスキー場と和田小屋

白馬や志賀高原、北海道にも匹敵する、国内屈指のパウダースノーが満喫できる「かぐらスキー場」。

関越自動車道「練馬」ICから、約2時間で行けてしまう湯沢エリアにあるため、上級者を中心に、通っている方も多いでしょう。

「かぐらスキー場」かぐらエリアの標高1,380mには、山小屋「和田小屋」があり、宿泊営業しているのですが、冬季はなんと、かぐらメインゲレンデのファーストトラックを滑れる宿泊特典があります。

国内屈指のパウダースノー「かぐらスキー場」

“かぐらのファーストトラック独占!! ”

スキーやスノーボードが好きな人ほど、この響きには、甘美なものを感じてしまいますよね。

「和田小屋」宿泊の実際の様子を、詳細にレポートします。

Web予約!「みつまたステーション」で受付

「和田小屋」の内部|かぐらスキー場

「和田小屋」の宿泊料金は、1泊2食付きで、大人(中学生以上)¥8,200、子ども(小学生まで)¥6,600という、リーズナブルさ。

加えて、宿泊特典で、「かぐらスキー場」と「苗場スキー場」共通で使える、Mt.Naebaリフト券(1日券)が、¥3,200の激安で購入できます。

この¥3,200という価格は、Mt.Naebaリフト券としては、私の知る限り、あらゆる割引券を凌駕する最安値です。

宿泊の問い合わせは、ホームページから専用フォームにて行えます。

無事に予約が完了したら、当日はまず、「かぐらスキー場」の「みつまたステーション」へ。

「みつまたステーション」にあるロープウェー山麓駅の奥に、「和田小屋」の受付を行える、専用カウンターがあります。

こちらで宿泊料金と、リフト券代を支払い、いざロープウェーに乗って「和田小屋」へ向かいます。

「みつまたステーション」から「和田小屋」までの道のり

「和田小屋」までは、ロープウェー1つ、リフト1つ、ゴンドラ1つの、けっこう長い道のりになります。

滑走しなければ辿り着けないため、荷物はバックパックなどに纏める必要があります。

みつまたロープウェー 山頂駅|かぐらスキー場

まずはみつまたロープウェーに乗って、山頂駅へ。

ここから少し滑り下って、みつまた第1高速リフトに乗ります。

みつまた第1高速リフト|かぐらスキー場

みつまた第1高速リフトを降りたら、そのままゲレンデ「ゴンドラライン」を滑って、かぐらゴンドラへ向かいます。

ここの道のりが、やや急傾斜があるので、ビギナーでは苦労すると思います。

中級者以上であれば、まったく問題ありません。

「和田小屋」がある、かぐらエリアへ向かう、かぐらゴンドラ|かぐらスキー場

かぐらゴンドラは、スキー板やスノーボードを外して乗車するタイプです。

着脱が面倒ですが、この約3kmのかぐらゴンドラを降りれば、「和田小屋」は目の前です。

このページが気に入ったら、フォローしてね!!