バーグハンバーグバーグ通信

私って浮気相手? "都合のいい女"扱いを見極める6つのチェック項目

バーグハンバーグバーグ通信(バグ通)第30回。今回は、男子が女子を「都合のいい女」と捉えているときのサインを6項目ご紹介します。該当する項目を数えながら最後までご覧ください。

なかなか愛情表現をしてくれない彼の優柔不断な態度にやきもきするのは、女子の恋愛につきものです。その理由は彼が「単に照れ屋だから」という場合もありますが、「実はなあなあで付き合っているだけ」「ただの浮気相手だから」となればただ事では済みません。

そこで、男子が女子を「都合のいい女」と捉えているときのサインを6項目ご紹介します。該当する項目を数えながら最後までご覧ください。
 

 

 

1.

現地解散が多い

ずっと一緒にいると疲れてしまう。あるいは他のことに時間を割きたいので、遊ぶ時間も最低限にしたいというのが男子の「都合のいい女」に対する本音。少しでも一緒にいる時間を減らすために現地集合、現地解散が増えるのは「都合のいい女」化への要注意段階です。

 

 

 

 

2.

笛で呼ばれる

必要になった時に笛で呼び出されるのは「便利なモノ」扱いされている証拠。それでも好かれたいがために甲斐甲斐しく駆けつけてしまうのも女のサガですが、ここはグッと堪えて対等な関係を築くべきではないでしょうか。

 

 

 

 

3.

何かと盾にされる

このシチュエーションの場合、彼はあなたのことをタンパク質の塊としか捉えていません。あなたは彼にとってその辺のブロック塀や電柱と大差ない存在なのです。普通、男子は女子を危険から守って然るべきもの。本命かどうか以前に、人として付き合うに値するか考え直しましょう。

バックナンバー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント