日本マイクロソフト、オープンしたてのビックカメラ赤坂見附店で「Surface Pro」の発売イベント開催

2013.6.12 18:58配信
「Surface Pro」発売

日本マイクロソフトは、6月7日、同日にオープンした「ビックカメラ赤坂見附店」で「Surface Pro」の発売イベントを開催した。樋口泰行社長自らがポケットマネーで「Surface Pro」を購入し、売り場を盛り上げた。

「Surface Pro」は、Core i5プロセッサを搭載し、Windows 8が動作するマイクロソフトブランドのタブレット。すでに3月15日にWindows RTを搭載した「Surface RT」を発売している。「Surface Pro」は、既存のWindowsアプリケーション資産などがそのまま利用できる。

樋口社長は、「Surface Proの発売日とビックカメラ赤坂見附駅店のオープンとが一緒になったことから、ここで発売イベントを開いた。『Surface RT』と『Surface Pro』が揃ったことで、さらに勢いがつく」と発売の喜びを語った。

また、樋口社長は「この夏商戦は過去最大の広告宣伝投資を行い、そのなかで『Surface Pro』に比重を置く。品薄を起こさないような体制をしっかりと構築していく」と夏商戦への意気込みを語った。

ビックカメラの宮嶋宏幸社長は、「『Surface Pro』の発売を待っていた、というお客様の声が多かった。店員は『Surface』に関して十分なトレーニングを受けている。お客様の要望に合わせて、『Surface Pro』がいいのか『Surface RT』がいいのか、しっかり提案していきたい」と話した。

イベント終了後、樋口社長はポケットマネーで「Surface Pro」を購入。宮嶋社長から直々に手渡された。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング