シャープ、ロボット掃除機「COCOROBO RX-V90」、コンパクトサイズで3LDKの掃除に対応

2013.6.12 18:55配信
COCOROBO RX-V90

シャープは、部屋の広さとゴミの量を検知して運転する「スマートお掃除機能」を備えたロボット家電「COCOROBO RX-V90」を、6月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は9万円前後の見込み。

本体正面の超音波センサが部屋の広さを測定するとともに、エンコーダ(回転検知機能)が車輪の回転数から走行距離を検知して、部屋をくまなく掃除。吸込み口内部のゴミセンサがゴミの多いエリアを検知すると、モーターの回転数を通常時の毎分約1万1000回転から毎分約1万6000回転にアップし、吸込みパワーを高めて強力に吸じんする。

部屋の広さとゴミの量に合わせて運転時間と吸込みパワーを制御することで、部屋から部屋へ3LDK(専有面積約43畳、掃除可能面積約30畳相当)を最長約100分間で掃除する。

毎分約1万6000回転(ゴミセンサ検知時)の高速回転ターボファンを搭載した独自の「強力吸じんシステム」を採用。本体前方のサイドブラシと回転ブラシでかき込んだ細かなゴミや微細なホコリ、髪の毛、ダニの死骸などを高速回転ターボファンが強力に吸い込む。回転ブラシにはやさしい素材を採用し、フローリングをきめ細かく掃除する。

本体前方3か所の超音波センサで障害物を回避する「エコロケーションテクノロジー」を採用。赤外線では検知しにくい透明なガラスや黒い家具も検知して回避する。電池残量が20%未満になった場合や掃除が終了したら、自動で充電台に戻る。

充電量や掃除状況によって気分が変化する人工知能「ココロエンジン」を搭載し、言葉やアクション、光などを組み合わせた多彩な反応をする。起動時の挨拶に加えて、充電量や掃除状況など本体の状況を言葉などで知らせ、音声認識機能による挨拶や会話、音声での操作に対応する。返事のバリエーションは使用回数に応じて増えるので、ペットと過ごしているかのようなコミュニケーションを楽しめる。

PC用のアプリケーション「COCOROBO Voice Maker」を使って、SDカードに子どもの声やペットの鳴き声、好きな音などを録音してスロットに挿入すれば、声や音を簡単に差し替えることができる。

ダストボックスには「HEPAクリーンフィルター」を搭載。0.3μm以上のホコリを99.9%キャッチし、クリーン排気を実現する。本体上部に排気するので、床のゴミをまき散らす心配がない。さらに、クリーン排気に乗せて、プラズマクラスターイオンを部屋中に放出する。

バッテリ駆動時間は最長で約100分で、充電時間は約4時間。サイズは幅304×高さ99×奥行き304mmで、重さは2.6kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング