PFU、パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap SV600」、新聞や書籍をそのままスキャンできる

2013.6.13 17:7配信
ScanSnap SV600

PFUは、パーソナルドキュメントスキャナ「ScanSnap」シリーズの新製品として、新聞や書籍をそのままスキャンできる「ScanSnap SV600」を、7月12日に発売する。価格はオープンで、オンラインショップ「PFUダイレクト」での価格は5万9800円。

高被写界深度レンズ、高指向性LED光源、ライン型CCDセンサを組み合わせた「VIテクノロジー」によって、スキャン時の画質のムラを最小限に抑え、均一で読みやすい画質を実現する。

新聞や書籍・雑誌の見開きなど、大きな原稿も切らずにスキャンすることが可能で、本や色紙といった厚みのある原稿でもスキャンできる。さらに、付箋など重ねつけのある原稿のスキャンにも対応する。

大切に保管しておきたい書籍や紙焼き写真、綴じられた契約書原本などの重要書類、クレヨン・絵の具などによる表面に触れることで傷む可能性のある原稿でも、読取り面に触れることなく、手軽にスキャンできる。

本を見開きにしたときに、中央部に発生する膨らみによる歪みを自動的に補正する「ブック補正」機能を備える。補正結果の確認や修正もできるので、雑誌や書籍をスキャンする場合でも、カットした用紙と同じように読みやすいイメージデータをつくることができる。

このほか、スキャン時にページをめくったことを自動検出することで連続スキャンに対応する「ページめくり検出」機能を搭載しているので、1冊の本をワンプッシュで電子化できる。

付属の「楽2ライブラリ Smart」には、スキャンした原稿サイズに応じてデジタル書棚上での表示サイズを自動設定したり、表紙カバーを取り込んで本の表紙や背表紙を使ったサムネイル画像を作成したりすることができる「楽2ブッククリエーター」を備える。

電源オンから約3秒で読取りを始めるクイックスタートを実現。1枚あたりのスキャン時間はA3サイズで3秒以下なので、ストレスを感じることはない。また、複数枚の原稿を自動的に切り出す「マルチクロップ」機能で、スキャン範囲内に複数の原稿を置いて一度にスキャンできる。「マルチクロップ」機能は、複数枚の名刺や関連する写真、メモなどをまとめてスキャンするのに適している。

PDF編集ソフト「Adobe Acrobat Standard」や、名刺管理ソフト「CardMinder」など、さまざまなソフトが付属しているので、購入後すぐに使い始めることができる。サイズは幅210×高さ383×奥行き156mmで、重さは3kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング