アイファイジャパン、スマートフォン/タブレットに特化した「Eye-Fi Mobi」

2013.6.13 19:27配信
米Eye-Fiのマット・ディマリアCEO(左)とアイファイジャパンの田中大祐代表取締役

アイファイジャパンは、6月12日、無線LAN内蔵のSD型カード「Eye-Fiシリーズ」の新モデルとして、スマートフォン/タブレットからの接続設定を簡略化した「Eye-Fi Mobi(アイファイ モビ)カード」を6月14日に発売すると発表した。

新製品発表に合わせ、米Eye-Fiのマット・ディマリアCEOが来日。「スマートフォンが進化してもデジタルカメラが不要になることはない。われわれがアンケートを実施した結果、デジタルカメラに無線LAN機能があれば、もっとカメラを使うようになると答えたユーザーが多かった。カメラをもっと使ってもらうために、シンプルで、操作・設定が簡単で、使っているわくわくするようなソリューションが必要だ」と「Eye-Fi Mobiカード」開発のきっかけを説明した。

「Eye-Fi Mobiカード」は、現行の「Eye-Fi X2シリーズ」と比べ、初期設定ステップを大幅に簡略化。PCや無線LANルータはいらず、アカウントの登録もない。

利用するには、まず無料の専用アプリ「Eye-Fi」をスマートフォン/タブレットにインストールする必要がある。アプリを立ち上げたら、カードケースに記載してある10桁のアクティベーションコードを入力して、ペアリングが完了する。

「Eye-Fi Mobiカード」を挿入したデジタルカメラで撮影すれば、周囲に無線LAN環境やインターネット接続がなくても「Eye-Fi Mobi」がアクセスポイントとなり、写真屋動画をスマートフォンやタブレットに自動転送する。

ラインアップは容量8GBの「Eye-Fi Mobi 8GB」と、16GBの「Eye-Fi Mobi 16GB」の2種類。いずれも書込み速度はClass10に対応する。価格はオープンで、実勢価格は8GBモデルが4980円前後、16GBモデルが7980円前後の見込み。

発売に伴い、「Eye-Fi Connect X2 4GB」と「Eye-Fi Mobile X2 8GB」「Eye-Fi Pro X2 8GB」は販売を終了する。ハイエンド向けのRAW画像転送機能やジオタグ機能などが使える「Eye-Fi Pro X2 16GB Class10」は、継続して販売していく。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング