柴咲コウが“お岩”役に! 『真四谷怪談』で市川海老蔵と初共演

2013.6.14 10:58配信
『真四谷怪談』

来年公開の市川海老蔵主演、三池崇史監督作『真四谷怪談』に柴咲コウが出演し、愛憎と怨念に満ちた“お岩”を演じることが発表になった。

その他の画像

本作は、鶴屋南北の傑作狂言『東海道四谷怪談』を基にしながら、これまでの“四谷怪談”のイメージを大きく覆す設定と世界観で描くホラー作品で、柴咲は市川海老蔵演じる俳優・長谷川浩介の恋人で女優の後藤美雪。さらに劇中劇で、日本の伝統的なホラー・アイコンともいえる“お岩”を演じる。

柴咲は「脚本を読んでもうまく想像ができなくて、これが現実なのか、妄想なのか、混在している感じだなと思いました。きっと、これを三池監督が撮ったら、なにが現実で、なにが妄想なのかということを、いい感じに、また、気味悪く撮ってもらえるんだろうなと思いました」と言い、「女性の方だったら強く共感してしまうような内容だと思います。“美雪”なのか、“お岩”なのか、共感しやすい内容になっていると思います」とコメント。柴咲と初共演となる海老蔵は「撮影現場で感じたのは、想像を絶するような感受性と、テレビや映画の画面からは見えない可愛さがある・・・これ、ずるいですよね」と共演に確かな手ごたえを感じているようだ。

三池監督が柴咲とタッグを組むのは2004年の『着信アリ』以来だが、監督は「大人の女になっていました。尖ったところに更に磨きをかけながら、穏やかさも身にまとっています。女優としても、女性としても、最高の時を迎えつつあるように感じます」と分析し、「全ては、あの眼差しに現れている。あれは野生動物の目ですよ。怖いほどに美しい」と絶賛をおくっている。

映画は、2014年に東映の配給で全国公開される。

『真四谷怪談』
2014年公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング