ソウルセット、オリジナル・ラブ、ペトロルーズが出演。Jeep主催の音楽イベント開催

2013.6.14 13:30配信
TOKYO NO.1 SOUL SET TOKYO NO.1 SOUL SET

6月5日(水)に東京・渋谷 O-EASTで音楽イベント「JeepR Presents “The Real Music Show”vol.01」が開催された。

この日のイベントはタイトル通りJeepが主催する企画で、会場には大きなJeepが展示され観客を迎えた。

トップバッターはペトロルーズ。1曲目の『ホロウェイ』からアクセル全開の演奏を見せ付ける。驚かされたのは、極力無駄を排除し均整の取れたサウンド。鳴るべき音が、鳴るべき所で鳴っている。かと言って音数が少ないとか、迫力が無いと言うことは一切無く、メンバーの演奏の隙の無さ、ファンクとロックが融合したサウンドに観客は酔いしれていた。また、MCでは「Jeepが欲しいなあ、一番似合う人が貰えるっていうのないのかな」とVo/Gの長岡が言うと、「俺結構似合うと思うけど」とDrの河村が答えるという一幕もあり、演奏とMCとのギャップも彼らの魅力のひとつであると感じた。

続いて登場したのはオリジナル・ラブの田島貴男。バックバンド無しで、アンプとギター数本で現れた彼。先ほどのペトロルーズの迫力のある演奏の後だと、見劣りしてしまうかと思ったが、そんな心配は無用であった。ギターを叩いてリズムをとり、観客にハンドクラップを呼びかけ一体感を出し、一気に会場をオリジナル・ラブの空気にしてしまう。楽曲も近年の『フリーライド』や最新アルバム『エレクトリックセクシー』から『エブリデイ エブリデイ』のソロバージョン、また大ヒット曲『接吻』など幅広く披露。そのどれもが新たなアレンジが施されていて、楽曲のまた違った魅力を引き出していた。

最後に登場したのがTOKYO NO.1 SOUL SET。1曲目は『Hey Hey SPIDER』。この日もどっしりとした存在感を放つVo&Gtの渡辺俊美、ステージを所狭しと動き回るVoのBIKKE、そして全てをつかさどる様に後ろから見守るDJの川辺ヒロシ、3者3様の個性がしっかりと際立つ「これぞソウルセット」なライブを見せてくれた。名曲『SUNDAY』では客席が一体となって踊りと合唱を繰り広げ、それに呼応するかのように、ステージの3人の演奏もより一層熱を帯びているように感じた。

演奏が終了した後も終わらないアンコールに応える様にステージに現れたソウルセット。最後はこちらも名曲『黄昏95'』で締めた。

最後まで会場が盛り上がる中、記念すべき第一回は幕を下ろした。今後の開催にも期待したい。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング