すっごく美人でもなければ、すっごい色気があるわけでもない。一言で表すと“普通の子”にもかかわらず、男性からのアプローチが絶えない女性が周りにいたりしませんか? し・か・も、女性からの好感度が高い場合も多いですよね。

今回は、筆者周りの男性数名から聞いた、愛され女性の特徴をまとめました。

1. コンプレックスも「そう?」で流してくれる

男性も女性も、最近は自身をちょっと下げるような発言をする方が増えてきています。

多いのが、話のネタとして「自分はこんなところあるんだけどさ〜」と自虐的にコンプレックスをさらけ出すこと。多くの人は、それを笑いにすればいいと考えるのですが、愛され女性は「そうなの?」とさらっと流すんです。さらに「でもこういう良いところあるんじゃん」と畳みかけます。

いつもなら笑いのネタにされているため、新鮮な反応に男性は思わずキュンとしてしまうそう。女性からしても「私のこと、キチンと見てくれてるんだなぁ」と感じ、好印象を抱いてしまうんです。

2. 品よくゲラ

リアクションがいい人の周りには、人が集まりやすいです。「自分の話を真剣に聞いてくれてるんだな」と相手に感じさせますし、「もっと楽しませる話ができないかな?」と考えるようになります。

ただ、あまりにも笑いすぎだったり、声が大きかったり、ガハガハ笑われたりすると女性らしさがなくなってしまうので要注意!

大事なのは、相槌を打ちつつ、品よく笑うこと。去り際に「あ~楽しかった」と言われたら、さらに男性は嬉しいそうですよ。

3. 「イヤ」のポイントが同じ

心理学では、相手との共通点が多ければ多いほど、好感を抱くことが分かっています。その共通点は、どんなものでもいいんです。「私もです!」と言われると、それだけで「分かってくれる子がいたんだぁぁぁ」とテンションも上がります。

特に「こういう食べ物がイヤ」など、些細なことでも“イヤなこと”が共通していると、好感度がグッと上がるそう。自身も不快な気持ちが分かるために、どうにかしてあげたくなるんですね。

男性の「守ってあげたい」を適度にくすぐることができる子は、愛され女性になりやすいです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます