「セカンド女子なら、デートじゃなくて即ホテルとかですよね?」

「本命彼女だからデートだけで終わってるんですよね?」

と、たまに聞かれることがあります。
可能性としては、間違ってはいません。ですが、デートしているからといって、100%本命彼女だとは言いきれません。

そこで今回は、デートの予定の立て方やお会計などでの彼の言動から、あなたが本命彼女なのか、それともセカンド彼女なのかを見抜く方法をご紹介していきます。

1. デート場所を相談し合えるのは「本命彼女」

彼からデートのお誘いがあった時、「今度のデートはここでいいよね?」と聞かれますか? それとも「○○と●●なら、どっちがいい?」と聞かれるでしょうか?

「毎回、ある程度場所を決められて連絡がくるかも」という方は、セカンドかもしれません。本命彼女と行きたかったけれど、都合が悪くて行けなかったので誘われたパターンですね。「誘っても誰も行かなさそうだから、とりあえず……」というのも考えられます。

逆に、場所を相談しあえる場合は本命彼女である可能性が高いです。デートに行くまでの過程、つまり一緒に考える時間すらも楽しいため、あえて相談しあうような形で提案してきます。

さらに、事前にある程度の予算も共有してくれていたら、めっちゃくちゃ大切に思ってもらえていると考えていいでしょう。

2. 毎回お店で集合は「セカンド彼女」

平日の仕事後にデートする場合は、お店集合になっても仕方ありません。ですが、休日のデートでもお店集合の場合は注意が必要です。

彼女の家に迎えに行くとなると、お互いの家の場所だったり乗っている車だったりと、プライベートな部分をさらけ出す必要が出てきます。男性は、セカンド彼女にはそういったことを出来るだけ知られたくありません。もしかしたら、自身の友だちとセカンド彼女が知り合いかもしれませんし、自身の過去や本命彼女がいることを知られるかもしれないですからね。

家まで迎えに来てくれたり、最悪でも駅で待ち合わせであることが、本命彼女の特徴です。好きな人とは彼もできるだけ長く一緒にいられるようにと考えていますから、自信を持ちましょう。

3. スマートフォンを触ってばかりは「セカンド彼女」

あなた自身、友だちと会っている時に興味のない話をされたりしたら、ついスマートフォンを触ったりしませんか? 彼のスマホの触り方で、あなたへどれだけ興味があるかどうかをはかることが出来るんです。

机の上にスマートフォンを出さなかったり、出しても「あ、ちょっとごめん」と一言かけてくれたりする彼は、あなたとの時間や会話を大切にしようと考えてくれています。やっぱり目の前で触られるのは、いい気分ではないですしね。

逆に、こっちが話していても、だらだらスマホを触っていたり空返事だったりする場合は、あなたに興味がない証拠です。つまり、セカンド彼女である可能性大!

ただ、あなたもスマートフォンを触る回数が多いなら、相手に「なんだ、俺に興味ないんだ」と誤解されている可能性もあります。たとえ、あなたが本命彼女であっても、です。その場合は何度かデートでスマホを触るのを控えてみましょう。それで彼もやめるようになったら、本命彼女である可能性も捨てきれません。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます