「Office 2013」をタッチモードで体験 レノボ「IdeaPad Yoga」で使ってみた

2013.6.14 20:38配信
タッチモードで「Office 2013」を操作する

今年の夏は、統合ソフト「Office 2013」を搭載するタッチ操作対応のPCが続々と登場する予定だ。となると、気になるのが、これまでマウスで行っていた「Office」の操作がタッチになってどう変わるのか、ということ。さっそくレノボのタッチ操作対応PC「IdeaPad Yoga」で、「Office」の操作を試した。

実は、これまでタッチパネルを搭載したWindows 8 PCは、それほど多くなかった。だが、6月初旬に台湾・台北で開催されたPC展示会「COMPUTEX TAIPEI 2013」で、インテルがタブレットにもノートPCにもなる「2-in-1デバイス」に力を入れると発表。これに合わせて、PCメーカー各社はタッチパネルを搭載したウルトラブックを夏モデルとして市場に投入することを明らかにした。

「2-in-1デバイス」とは、液晶ディスプレイを着脱したり、回転したりすることで、ノートPCとしてもタブレットとしても使えるPCのこと。この代表的なモデルが、レノボの「IdeaPad Yoga 13」と、この夏の新モデル「IdeaPad Yoga 11S」だ。

「IdeaPad Yoga 13」と「IdeaPad Yoga 11S」は、液晶ディスプレイが360°回転し、使用スタイルに合わせて自由にPCのかたちを変えることができるコンバーチブルPC。「IdeaPad Yoga 13」は13.3型、「IdeaPad Yoga 11S」は11.6型の液晶ディスプレイを搭載する。

●タッチ操作でグラフ作成が簡単! PowerPointの作業効率もアップ

さっそく「IdeaPad Yoga」で、「Office 2013」を使おう。これまでマウスを使って行ってきた「Excel」での表作成やデータのグラフ化、また「PowerPoint」のプレゼンテーション用資料の作成や再生が、タッチ機能を使えばより直観的、快適に操作できるという。「Office 2013」の「タッチモード」を選択することで、指でタッチしやすいようにアイコンが大きくなる。

まず、「Excel」を使って表をグラフ化した。グラフ化する表を指でなぞって選択していく。やや慣れが必要だが、セルの選択が直観的にできるのでとてもラク。グラフの挿入・表示まで、すべてタッチ操作だけで完結するので、使い慣れれば作業性も向上するだろう。

次は「PowerPoint」だ。打ち合わせやプレゼンテーションなどで「PowerPoint」の資料を表示しながら説明する機会は多いが、画面を相手に向けていると、ページ送りや画面の拡大・縮小などをマウスで操作するのはなかなか難しい。

タッチなら、指を払う動作でページめくりや、ピンチ/ストレッチで拡大/縮小ができるので、画面を注視していなくても操作ができる。相手の目を見ながら説明できるので、プレゼンテーションなどで威力を発揮するはずだ。

プレゼンテーションのときに特に便利なのが、スライド一覧からページを呼び出す「スライド一覧」機能だ。膨大なページのなかから1ページだけ見せたいとき、タップすることで、スライドショーモードからスライド一覧モードに切り替わるので、ここから目的の1枚をタップすればいい。見せたいページにたどり着くまでひたすらページをめくる必要がなく、スマートにプレゼンテーションを進めることができる。

これまでのマウス操作に慣れてきた人は、コツをつかむまでは多少とまどうかもしれない。しかし、慣れが必要だとはいっても、習得までに何日もかかるようなものではない。1~2時間タッチ操作を続けていれば、あっという間にコツをつかむことができる。そして、一度慣れれば「Office 2013」だけではなく、あらゆる操作が快適になる。

●タッチ操作をするなら「2-in-1デバイス」がおススメ

いくらタッチ操作が快適だといっても、タブレットに終始タッチしながら操作するのはさすがに疲れる。それに、文字入力はソフトウェアキーボードよりもハードウェアキーボードを使うほうが効率がいい。

そこでおすすめしたいのが、今回使った「IdeaPad Yoga 13」「IdeaPad Yoga 11S」のようなノートPCにもタブレットにもなる「2-in-1デバイス」だ。これなら、データや文章などの入力時はノートPCモードで、データの加工作業やプレゼン時はタブレットモードで、といった具合に状況に応じて最適なモードを選ぶことができ、効率よく作業を進めることができる。

このほか、レノボの夏モデルは「Office 2013」をプリインストールしたタッチ操作対応モデルのラインアップが充実。ノートPCだけではなく、27型のタッチ液晶を搭載したデスクトップPCも用意しており、きっと自分にぴったりな一台を出会えるはずだ。

また、レノボは7月31日まで、タッチ操作対応PCを購入したユーザーを対象にプレゼントキャンペーンを実施している。ぜひ、この機会にレノボのタッチ操作対応PCを手に入れよう。(ITジャーナリスト 市川 昭彦)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング