“サンゴレンジャー”演じる青柳翔「環境問題を考えるきっかけになれば」

2013.6.17 10:49配信
『サンゴレンジャー』舞台あいさつの模様

さかいたまきの同名原作を基にした青春ドラマ『サンゴレンジャー』の初日舞台あいさつが15日、東京・渋谷HUMAXシネマで開催され、主演の青柳翔をはじめ、田中圭、佐々木希、中前勇児監督が登壇した。

舞台あいさつの模様

世界有数のサンゴ礁が広がる石垣島を舞台に、型破りな環境省の自然保護官・矢島(青柳)がサンゴを保護するため“サンゴレンジャー”となって奔走する姿を描く。自然の大切さや環境保護といったテーマを盛り込み、青柳は「ぜひ見た方が環境問題を考えるきっかけになれば。機会があれば、ぜひ石垣島の自然にも触れてほしい。僕自身も思い出深い作品」とアピールしていた。

主人公と対照的に、冷静沈着な同僚・岸谷を演じる田中は「台本に書かれた岸谷は、もうちょっと違った雰囲気。監督と二人でキャラクター像を話し合って、監督も『そのほうがいい』と僕の提案を聞いてくれた」と役作りを振り返った。

また、紅一点の佐々木は、島の小学校教師を演じており「私にとっては、初めての教師役。心配もあったが現場に入ると、子どもたちが『先生〜』って来てくれて。空き時間も一緒にゲームをしたり、写真を撮ったりいい思い出になりました」と安どの表情を見せた。劇中のキャラクターである矢島と岸谷のうち、どちらがタイプか聞かれると「熱血はいいけど、矢島は熱すぎて、置いていかれそう(笑)。冷静なほうがいいかもしれませんね」と照れくさそうに話していた。

数々のヒットドラマを手掛ける中前監督にとっては、本作が映画デビュー作。「ロケの日程や予算、天候など決して恵まれた環境ではなかったが、いい作品ができたんじゃないかと。ここにいるキャストはもちろん、スタッフ一丸で頑張ってくれた」と感無量の面持ちだった。

『サンゴレンジャー』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング