まるでゴミ箱!? 新Mac Proは進化か迷走か……2013年6月9日~15日のアクセス数トップ5

2013.6.17 20:45配信

6月9~15日の7日間にアクセスが多かった当サイトの記事とランキングページをご紹介します。まずは記事のトップ5から。

アップルは、米サンフランシスコで開催した開発者向けイベント「WWDC」で、次期OS「iOS 7」とともに驚きのプロダクトを発表しました。見た目はまるでゴミ箱、中身は最新技術を投入した真っ黒な高性能デスクトップPCです。詳しくは、2位の記事<アップル、プロ向けデスクトップの未来形、新デザインの「Mac Pro」発表>をご覧ください。現行の「Mac Pro」は、クリエイターなどのターゲットにしたプロ向けモデル。次世代の「Mac Pro」も位置づけは変わりませんが、デザイン性にひかれて衝動買いする人が出てくるかもしれません。発売は今年後半の予定。正式発表が楽しみです。

アップルは、為替の変動を受けて、iPad/iPodシリーズに続いてiMacやMacBook ProなどMac製品も1~3万円、値上げしています。モデルチェンジに伴い、バッテリ駆動時間が大幅に延びた新しい「MacBook Air」は、ほぼ価格据え置きとみなしていいでしょう。それ以外は軒並み値上げし、強みの一つだったコストパフォーマンスのよさは低下してしまいました。他のPCメーカーも、モデルチェンジを機に値上げする方針だそうです。振り返ると、パソコンは昨年秋~今年の冬あたりが底値だったようです。

続いて、ランキングページのアクセス数のトップ5。

・1位 携帯電話

・2位 デジタル一眼カメラ

・3位 ノートPC

・4位 コンパクトデジタルカメラ

・5位 タブレット端末

アクセス数1位は、「携帯電話」でした。総務省が6月14日に発表した「平成24年通信利用動向調査」によると、スマートフォンの保有率は49.5%。前年は29.3%だったので、1年間で大幅に上昇しました。まだ持っていない人は多いので、爆発的な伸びはないにしろ、スマートフォンブームは今後もしばらくは続きそうです。

・平成24年通信利用動向調査

【過去記事】

いま人気の動画

     

人気記事ランキング