ドコモ、約345gの7インチタブレット「GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」、12月10日発売

2011.12.8 12:48配信
GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D

NTTドコモは、約7インチのディスプレイを備えたサムスン電子製のタブレット端末「ドコモ タブレット GALAXY Tab 7.0 Plus SC-02D」を、12月10日に発売する。

1080pのフルHD動画も再生できる解像度1024×600ドットの約7インチ液晶ディスプレイ、1.2GHzデュアルコアCPU、約4000mAhの大容量バッテリを搭載したタブレット端末。厚さ約10mm、約345gの軽量ボディで、片手で持って使うことができる。

OSはAndroid 3.2で、使いやすさにこだわったオリジナルのユーザーインターフェース「Live Panel」を搭載。2010年に発売した「GALAXY Tab SC-01C」同様、付属のマイク付きステレオヘッドセットやスピーカー、別売のBluetooth対応ヘッドセットなどを利用して通話ができる。

このほか、有効約310万画素のカメラ、有効約190万画素のインカメラ、microSD/SDHCカードスロットなどを搭載。spモード・spモードメール、最大8台の機器を同時接続して無線LANルータとして使えるWi-Fiテザリング機能にも対応する。サイズは高さ約194×幅約122×厚さ約10mmで、重さは約345g。カラーはPure White。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング