真木よう子主演『さよなら渓谷』トークイベントが開催

2013.6.19 15:53配信
『さよなら渓谷』トークイベントの模様 (左から)井浦新、大西信満、真木よう子、大森立嗣監督

真木よう子主演の映画『さよなら渓谷』の公開を前に、18日、代官山 蔦屋書店でトークイベントが行なわれ、主演の真木をはじめ、大西信満、井浦新、大森立嗣監督が登壇し撮影秘話を語った。

その他の画像

本作は、都会から離れた緑豊かな渓谷を舞台に、のどかな町で起こった幼児殺害事件と、その隣家で暮らすかなこ(真木)と俊介(大西)の夫婦の“隠された過去”を描いた愛の物語。吉田修一氏の同名小説を基に、『まほろ駅前多田便利軒』の大森監督が実写化した。

真木は“かなこ役”のオファーを受けたときの心境を「過酷な役だと思いました。それでも、私以外が彼女の役を演じているのを観るのは絶対嫌だ! そう思えるくらいにやりがいのある役だと感じたんです」と告白。自ら率先して映画化を熱望したという大西も「これ以上ないくらいの結束力を持ったいいチームで撮影できました」とコメント。井浦はそんな大西に対し「傍から見ていてすごいところを渡り歩く役者さんだな…と思います。際から際へ…真ん中がないんですよ(笑)」とその稀有な存在感を絶賛した。

さらに、真木と井浦はお互いの共演シーンを振り返り「これまでの人生で最も衝撃を受けたシーンになった」と壮絶だった撮影秘話を披露。真木は「これほどまで信頼感にあふれた現場と共演者に恵まれなければ、自分自身が壊れていたんじゃないか」と語った。井浦が「一回目と二回目で受ける衝撃は違うはず。ぜひ、何度も観てその感覚を味わってほしい」とPRすると、大森監督は「俺はもう本気出してます!」と他作品を文字ったコメントで熱意をアピールし会場内の笑いを誘った。

『さよなら渓谷』
6月22日(土)より全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング