「彼氏が会いたいと言ってくれない」と悩んでいる女性は多いかもしれませんね。つい、「私に飽きたのかな」とか「愛されていないのかも」とネガティブ思考になってしまいますよね。

今回は、なかなか「会いたい」と言わない彼氏の心理と、言わせるためのコツをご紹介します。

彼女に「会いたい」と言わない理由って?

甘えるのが苦手だから

女性に会いたいと言ったり、甘えたりすることを、カッコ悪いことや恥ずかしいと思う男性も多いです。

これはその人の性格も深く関係しますから、無理やり「会いたい」と言わせるのは難しいかもしれません。そういう性格なんだと割り切れば、「会いたい」が言えない彼氏が可愛く思えるのではないでしょうか。

彼女からの連絡が多すぎるから

彼氏と彼女が連絡を取り合うのは当たり前のことですが、彼女からのメールやLINEが多すぎると、男性は「面倒くさい」と感じてしまいます。

男性は基本的にメールやLINEは単なる連絡手段と考えている人が多く、彼女からの報告系メールに返事をするのが苦手です。彼氏に対して頻繁に報告系メールを送っている人は、もしかしたら彼に少し面倒くさいと思われている可能性が。

自分から連絡するのを少し控えれば「あれ、今日はメールがこないな」と彼氏の気を引くことができます。彼を少し不安にさせることで、「彼女に会いたい」という気持ちを呼び起こすことができるのです。

忙しすぎて彼女のことを考える余裕がないから

男性の生活は、恋愛よりも仕事を中心にして回っています。仕事が忙しくなると、男性は彼女のことを考える余裕がなくなります。この時に「仕事と私どっちが大事なの?」は絶対禁句。その一言で関係が壊れてしまう可能性もあります。

彼氏が仕事で忙しいという時には無駄な詮索はしないで、落ち着くまで待ってあげるのが正解です。

断られるとヘコむから

男性は思った以上に繊細です。自分から「明日会いたい」と誘って、彼女に断られるのが怖くて自分から誘えないという人もいます。特に自分に自信がないタイプは、この傾向が強いです。

このタイプの男性は、仕事の都合やきちんとした理由があっても、断られたことだけにフォーカスして落ち込んでしまいます。彼氏誘いを断るときには「その日はダメだけど、〇日はどう?」などと代替案を出して、できるだけ「誘いを断った」という印象を残さないようにするのがいいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます