彼と一緒に過ごしている時、「こんな時に○○してくれたらな~」なんて思うことはありませんか?

気遣いのできる、空気の読める彼だとすぐさま察して思い通りに動いてくれたりもしますが、大体の男性はちょっと鈍かったり、「そうじゃないのに〜」と思うような行動を取ってしまいがち。それに言葉で自分のお願いを伝えると、ちょっと不機嫌になったり断ってきたりもします。

もしも彼を思い通りに動かせる方法があるとしたら誰でも知りたいはず。実はちょっとしたコトで、彼を自分の思い通りに動かすことが出来るんです!

その方法をご紹介したいと思います。

「でしょ?」「だよね?」で彼をその気にさせる

彼との会話の中でお互いの意見が食い違った場合、あなたならどうしますか?

大抵は口論を避けて、彼の意見に寄り添うような形を取ると思います。

でもココがポイントで、この時にあなたが肯定させたい内容の発言をする時には、間髪入れずに、「でしょ?」「だよね?」という風に、彼に「考えさせる隙を与えない」ようにすれば、自分の発言を肯定させることができるんです。

例えば自分がどこかに行きたい時に、「あそこ面白そうだよね?」「絶対楽しいでしょ?」という感じで肯定させたい発言の最後に「でしょ?」「だよね?」などを付けると、自分の意見に賛同させることができたりします。

自分の希望を通したい時に使えるちょっとしたテクニックなので、チャンスがあれば試してみてください。

彼の不慣れな環境で「お願い」をする

彼を思い通りに動かす時には、「環境」を味方に付けるのも効果的。

例えば二人がよく過ごす部屋でお願いするのと、二人がはじめて訪れる場所でお願いをしたとしましょう。その場合、はじめて訪れる場所でお願いをしたほうが承諾されやすいんです。

彼にとって不慣れな場所というのは本来の判断力を鈍らせてしまうことがあり、不慣れな場所のため、心がちょっと緊張状態になってたりするんです。その時に自分のお願いをした時には、本来なら断ってしまいそうなことでも、OKをもらえたりするんです。

難しいお願いをした後に「本当のお願い」をする

彼にお願いを聞いて欲しかったり、何かしてほしいことがある場合には、最初に“本当のお願いより難しいお願い”で、“絶対に断られる質問”をしてみましょう。

しかもそれを2つ3つ続けて。そして最後に本当にお願いしたいことを伝えると、承諾してもらえやすいんです。

最初にあえて断られるお願いを連続ですることで、彼はあなたのお願いを2回3回断ってしまうことになり、彼の心に「申し訳ない」という罪悪感が生まれます。何度も断っている中で、最初のお願いより難易度の低いお願いが来た時には思わず承諾してしまうんです。

これは「恋愛心理学」としても有名な方法で、彼を思い通りに操るテクニックの一つです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます