中居正広、体感温度50度のラスベガス&ロサンゼルスでロケ敢行

2013.6.20 17:52配信
『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』

昨年4月に放送された中居正広主演の人気TVドラマを映画化した『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』がクランクインし、今月上旬にラスベガス、ロサンゼルスでロケを敢行したことが発表された。

本作は、サヴァン症候群に起因する特殊能力をもった主人公アタル(中居)が、迷宮入りしかけた難事件を解決していく過程を描いたミステリー。中居、北村一輝、栗山千明らドラマ版おなじみのメンバーが顔をそろえるほか、アタルと同じ天才的な能力を持ち、彼の過去に深い関わりのある謎の女性・マドカ役を堀北真希が、アタルを追い詰める義足の車椅子女性管理官・星秋穂役を松雪泰子が演じる。

中居、北村、栗山、堀北が参加した海外ロケでは、体感温度50度の過酷な環境のなか、アタルとマドカふたりが最後に結末を迎えるという重要シーンが撮影された。中居は、「ラスベガスとロサンゼルスでは、猛暑のロケで地獄です(笑)。今までに数々、演じてきたけど、(苛酷な撮影環境なので)こんなに帰りたいと思った映画はないですよ。それくらい見どころ満載になっています(笑)」と言うも、「一日があっという間に終わって、一日の終わりが早い。それだけ役に集中して出来たあらわれかと思う。素敵な映画になっていると思います」と振り返っている。ドラマ版で数々の難事件を解決してきたアタルが、スケールアップして帰ってきた本作。どのような活躍を見せるのか気になるところだ。

本作は、5月3日にクランクインし、関東近郊でのロケ、ラスベガス・ロサンゼルス海外ロケなどを経て7月初旬にクランクアップする予定。

『劇場版 ATARU‐THE FIRST LOVE & THE LAST KILL‐』
9月14日(土)公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング