ラトックシステム、USB給電駆動の無線LAN接続USBリーダー「REX-WIFIUSB1シリーズ」

2013.6.24 10:46配信

ラトックシステムは、スマートフォンやタブレット端末から無線LANでUSBストレージへのアクセスできる無線LAN接続USBリーダー「REX-WIFIUSB1シリーズ」を、7月下旬に発売する。カラーは、ホワイト(REX-WIFIUSB1)、ブラック(REX-WIFIUSB1-BK)の2色。価格はオープンで、実勢価格は3980円前後の見込み。

IEEE802.11b/g/n準拠の無線LANに対応し、無線LAN経由で本体に接続したUSBストレージ機器にアクセスできる。専用アプリ「WiDrawer」を使って、スマートフォンやタブレット端末からのアクセスにも対応する。

接続できるUSBストレージ機器は、USBメモリやUSB接続HDD(2TBまで)。さらに、付属のUSB-microSD変換アダプタ経由で、最大64GBまでのメディアで動作確認を行っている。フォーマット形式は、FAT32、FAT16、exFAT、NTFSに対応しているので、PCとシームレスにデータを共有できる。

無線LAN接続している機器を、本体経由で無線LANルータに接続してインターネットを使えるようにする「インターネットブリッジ」機能で、最大5台までのスマートフォンなどの無線LAN対応機器をインターネットに接続できる。

給電用のUSBケーブルを搭載し、PCやモバイルバッテリからのUSB給電で動作する。対応OSは、Windows 8/7/Vista/XP、Mac OS X 10.6以降、iOS 4.0以降、Android 2.3以降。サイズは幅32×高さ11×奥行き58mmで、重さは約20g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング