フォースメディア、靴専用の紫外線除菌脱臭器「シューズセーバー」、コンパクトな乾電池駆動

2013.6.25 14:46配信
シューズセーバー

フォースメディアは、「J-Force」ブランドから、紫外線C波で靴を除菌・脱臭する家庭用靴紫外線除菌・脱臭器「シューズセーバー」を、6月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は単品(JF-UVS)が2980円前後、2個入りパッケージ(JF-UVSW)が5680円前後の見込み。

紫外線(UV-C)を使って靴内部の細菌や微生物を除菌・脱臭。ほとんどの細菌、ウイルス、カビ、ダニに対応している。光線を当てるだけなので薬品が残留する心配がなく、革靴などでも安心して使える。ランプの電力は2Wで、寿命は約8000時間。

本体は軽量・コンパクトで手軽に持ち運ぶことができ、音や発熱がないので使用場所を問わない。電源は単4形アルカリ乾電池×4本で、駆動時間は最大約3時間。電源の切り忘れを防ぐタイマーで、約10分間で自動停止する。サイズは幅150×高さ23×奥行き44mmで、重さは約60g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング