コーエーテクモ、初の“狩りゲー”『討鬼伝』を6月27日に発売

2013.6.25 17:47配信
『討鬼伝』に登場する武器を持って南明奈さん、佐藤哲夫さん、真栄田賢さんがポーズ

コーエーテクモゲームスは、PlayStation(PS) Vita/Portable用のハンティングアクションゲーム『討鬼伝』を6月27日に発売する。価格はPS Vita版が6090円、PSP版が5040円。

『討鬼伝』はアクションゲーム『真・三國無双』シリーズなどを手がけた制作チーム「ω-Force(オメガフォース)」が担当した同社初のハンティングゲーム。これまで同社が培ってきた「歴史」のエッセンスを盛り込み、和風歴史ファンタジーに仕上げた。

プレーヤーは、「鬼」と戦う特別な力をもった「モノノフ」と呼ばれる戦士となり、人の世を滅びから守るため「鬼」を討伐していく。巨大な「鬼」とのアクションは、「鬼」のからだの一部を切り落として破壊する爽快感を「部位破壊アクション」で実現した。また、平清盛や安倍晴明などの歴史上の人物がサポートする「ミタマ」システムを採用し、歴史ファンも取り込む。

発売前の18日には、東京・六本木の「ラフォーレミュージアム 六本木」で完成発表イベントを開催。タレントの南明奈さんやお笑いコンビのパンクブーブーの佐藤哲夫さん、スリムクラブの真栄田賢さんを招いてマルチプレイを披露した。

このほか、発売に合わせて電子書籍でのコミック展開やゲーム『どこでもいっしょ』のトロとのコラボレーションなど、さまざまな企画を行う。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング